rss
title&discription

子犬の飼い方と躾

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2014年06月23日

栄養はたっぷりと。

今日は子犬期の栄養管理の仕方について。

特にペットショップに陳列されている子犬やショップから買うときに教えられた飼育方法について、
私の考えでは間違っていると声を大にして言いたいことがいくつかあります。

まず一番大事なのは給餌料について。
最近首をひねるを通り越し腹立たしさを感じることが増えました。

子犬の時期に太り過ぎると関節に悪いとか、
サイズ保証(ティーカップサイズなど・・)の対象外にならないようにとか、

餌の量を少なめに制限する指導が増えています。

確かに、膝蓋骨脱臼(パテラ)や、股関節形成不全など、
体重によっては関節に負荷をかけて症状を悪化させてしまう病気もありますね。

でも、心の安定も含め、健全な成長には、栄養面での満足というのは絶対絶対不可欠です!!!

小さくて食欲旺盛な時期に餌の量を制限し過ぎてしまうと、
体の成長だけでなく心の面でも非常に大きな傷をつけてしまいます。

また、犬は自分の満腹の限界を知らない動物だと思われ勝ちですが、
本来は栄養バランスが安定して満腹になれば、
自ら栄養の摂取をやめる本能も持っています。

いつまでも食べたがるのは必要な栄養素のバランスが悪いせいかもしれません。
太り過ぎなのに食べたがる・・というのは、脂質ばかり蓄えてしまい、
ミネラルやビタミンが足りていないとか。。

必須栄養素が足りないと食欲はおさまりませんから。
太っているかどうか、満腹かどうか、だけではないんです。

生活習慣によって味覚が発達しすぎたり、嗜好が強く執着がついてしまったケースは、本能は眠らされていると考えられます。
本来の栄養バランスに気付かなくなり、いつまでも美味しいものを求め食欲が満たされることはありません。
本来の姿ではなくなってしまった場合は、徐々に嗜好を刺激しないように食生活を変えていく必要がありますね。


本来の状態であれば、成長期はバランスの取れた食事をお腹いっぱい食べさせてあげてください。
多少お腹の調子がゆるくなっても構いません。
お世話が大変だからとか、餌代がかかるとか、太ったらカッコ悪いとか言わずに。

関節への負担は、運動の取り方を気をつけ筋肉をつけていくことで大幅に改善できるケースもあります。
栄養バランスが悪い方が、関節にも悪影響です。



最近私も、ガリガリで関節もパッドも変形してしまった子犬を見て、居ても立ってもいられず、
チェーン店の本部に苦情を言いました。

大切な成長期を粗悪な管理によって深いダメージを負ったワンコが飼育放棄されるケースも増えていますし、
それを保護しても改善まで多大な時間を費やすのです。

成長期なら自然にできることがたくさんあるのに。
大切な時期を踏みにじらないで欲しいですね。

本部の担当の方からは、各ショップに指導し直しますとお約束をいただきましたが、
これを機に滞在の長い犬への対処も十分見直されることを願いつつ、
引き続きチェックして行きたいとおもいます。


↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子犬の飼い方と躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月24日

新生子期の影響を知りましょう

FJ310334 (1).jpg



この2匹・・・姉妹なんです。

顔も体つきも全然違います。

まあ、毛色が違うのは、よくあることですけど。


白黒ちゃんは1.5kg、
白茶ちゃんは、4.3kg

ポメラニアンとしては小さすぎるのと、大きすぎるのと。

連れて歩いていても姉妹だとはどなたも気付きません。



犬って同じ親から生まれ、同じ環境で育っても、
体格や顔の予想はなかなかつかないなーと、よくそう感じます。

ですからブリーダーさんで親を見てから体格などの予想をするのは、ちょっと判断材料が少なすぎますね。

子犬を選ぶときは、親犬のようになるのかどうかも分からないですし、きょうだい1匹ずつ、みーんな、全然違うんだって思って頂いた方が。。


しかし参考になるのは、親犬が飼われている環境ですね。


飼い主や来客に対してどのような態度をとっているかが、まず第一。
そして飼育の細かい状況や他の犬とのコミュニケーションの取り方です。

これらは刷り込みで子犬にも受け継がれています。



性格が違うのに、刷り込みで何が変わるの!?って、それは、


例えば警戒心や恐怖心は個々にそれぞれですが、それを克服出来る力はきょだいよく似ています。

恐怖や未知の対象に対しての構え方はそれぞれですが、それについての感じ方や読みの深さ、予測の仕方はきょうだいでよく似ています。

甘えたい欲求、満たされる度合い、体力もエネルギーも個々に違いますが、
精神的な柱、受け皿はきょうだいよく似ていて、
ショックからの回復や物事の取り組み方などはそういったベースで随分と変わってきます。


要するに、精神の柱、心の受け皿の大きさは、
親や環境の影響を大きく受けます。


受け皿が大きいほど、躾がしやすく飼いやすいと言えます。

最近は、そういった受け皿をきちんとつくることが出来る環境が減ってしまっていることが、残念だなと感じます。
親犬と過ごす社会化期は割と重視されつつあるのですが、
親犬の資質や、環境についての重要性も同時に注目していかなければなりません。

これは社会化の教育以前の問題ですね。

子犬が生まれた瞬間からの、情緒を育む期間(新生子期〜移行期、生後4週齢くらい)を、いかに健やかに豊かに過ごさせてあげるか。
これによって社会化期から若年期以降の取り組む内容が大きく変わってきます。


この、新生子期〜移行期の、生まれて約1ヶ月の期間をもっともっと質の良いものにして行ける社会に!!と、
成犬の問題改善に取り組みながら感じます。

人間もそうですが、哺乳動物は、意識的ではなく感覚的に得る安心感というものが備わっていないと、
一人前のオトナになりきれないのです。

見た目だけではなかなかわからない精神的柱、心の受け皿。

問題行動の改善がなかなかうまく進まない方は、新生子期の影響も少し探ってみると、今後の取り組みのヒントが得られるかもしれません。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子犬の飼い方と躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月13日

子犬のありのままを受け止める愛情

私が今の仕事(カウンセリング、ケア、コーチング)をするようになった理由のひとつは、自分を含め多くの人や犬の失敗の経験と成功の経験を見て体感してきて、それを生かす場がないと失敗が報われないと思ったことです。

失敗というのは、尊い命の死も、そこに含まれています。

私がまだ子犬販売のショップに勤めていた頃、販売前の犬も販売後の犬も、伝染病などで生死をさまようほどの体調不良を起こした場合、看病のために自宅へ連れ帰ることが多々ありました。
(入院でも病状が悪化するばかりのワンちゃんです。)

最期の最期まで、自分が後悔するなどそういう事情はどうでも良く、息をしている限りは可能性に寄り添っていたい、その子の傍にいたいだけでした。


040302_0836~01.jpg  写真は、亡くなる前日のチワワのココちゃんです。

既にお客様にお買い上げ頂いたワンちゃんでしたが、パルボウィルスに感染していたことが分かり入院・治療、その後一時回復したものの多臓器不全で容体が急変。飼い主さまと私の願いは叶いませんでした。

最期は退院させて私がお預かりして、数日間一緒に眠りました。
私がだらしなく口を開けて添い寝しているのを私の家族が撮ってくれた写真です。

亡くなった時、飼い主さんに電話して、一緒に大声で号泣したのを覚えています。

私が店員で、相手はお客様で、どうして病気が治らなかったのか、、、
そんな事情よりもただただココちゃんの魂が体から離れて行ってしまったことが、悲しくて仕方ありませんでした。



040412_1354~02.jpg  ← 写真は二代目ココちゃんです。

当時勤めていたショップでは、販売した子犬が病気で亡くなった場合は代替えの犬を無償で渡すという契約があり、その候補として選ばれたチワワちゃんです。

お店では感染症が心配だったので、我が家をガンガンに塩素消毒して二次感染対策を施し、そしてココちゃんに免疫がしっかりつく生後3か月までお預かりすることにしました。

このココちゃん、一代目とは大違いで超やんちゃ娘。

それでも生きていてくれれば良いという思いで、甲高い声で鳴きまくり動き回るココちゃんに感謝さえしつつ・・・
可愛がって可愛がって育てました。

犬の社会性というのも気になっていたのですが、我が家の犬との接触もあまりさせず、しつけは二の次。
「きょうも元気だね」「ゴハン美味しいね」「ナイスなウンコだね」「かわいいね」「ありがとう」の気持ちだけでした。


無事に生後3か月までを過ごしてお客様にお渡ししたのですが、
言うまでもなくお客様宅でも溺愛。
一緒のベッドで寝て、一緒にお出かけして、たくさん写真をとって。。。
コマンドも殆ど教えたことなく、トイレも特に躾に迫られたこともなく、それでも問題行動はありません。

子犬期の過ごし方と、飼い主さんがワンちゃんに満足しているという満たされた精神状態がポイントです。

やがて飼い主さんに赤ちゃんが生まれても、今もずっとお子さんと飼い主さんに寄り添って元気に過ごしています。


2012.9.4.jpg  現在9歳のココちゃん。
私のお店のfacebook [Dog ccc ジョアンのいっぽ] に詳細掲載です。



このお客様とココちゃんのような例は他にも多々あるのですが、

子犬期に一番満たすべきものを満たしてあげて情緒の安定した犬は、その後の生活をゆったり豊かに過ごせるようになると、身を以て体験してきました。

私としては、子犬の情緒面を満たす接し方をした犬たちとの約10年間を経て、それらのワンちゃんたちの今の状態を良い結果として判断出来るようになってきたのでこうして何度も力を入れてご説明させて頂きます。

情緒の安定した犬は、少々不安なことがあっても立ち直りが早く、周りの状況に深く囚われることなく、飼い主さんと寄り添うという単純な楽しさを満喫できるようです。


今は今しかありません。将来を不安に思うばかりで今を逃して欲しくないという気持ちで、いつもご説明させて頂いております。

躾の前にまず小さな命に感謝して、子犬の心の器が溢れかえるまで愛情を注いであげることで、生涯にわたり頼りになる大切な柱を作り上げてあげることが何よりも大切です。

愛情を注ぐというのは、ありのままの姿をしっかり受け止めてあげることです。
撫でることでもなく、呼び寄せることでもありません。
突進してくるのも拒否して近づかないことも、同じ“自己の主張”です。自我の表れです。
今日も元気だねと、少し離れた位置からでも構わないので、最初は自我を認めてあげましょう。

触っていて可愛いと思うのは人間が得たい欲求です。
犬への愛情と直結しているとは限りません。

寛大になれない日は触れ合う必要はありません。

犬はいつでもどんな状況からもやり直せます。

生後少なくとも半年間、ありのままをしっかり見つめる時間を持つと、その子にはどんな躾が必要なのか、的確に判断できるようになります。
躾を急ぎすぎないで下さい。。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 01:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 子犬の飼い方と躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普遍の愛情を伝えるチャンスのとき

前回、子犬に関する記事を書いて以来特に子犬のしつけについてのご相談が多く寄せられています。

順次お答えしておりますが、ようやく半分ほどお返事が出来た状態ですので、お返事をお待ちの方にまず参考にして頂きたいことを書かせて頂きます。

(現在は無料相談をお休みしておりますので、私の方の営業内容通り、お電話での有料相談とさせて頂いております。
 叱らずご了承くださいませ)


まず、生後2か月くらいから4か月くらいまでのワンちゃんで、何らかの躾行為をした後に関係の悪化に気付き、こちらのブログを参考にし始めたという方が特に多いのですが、子犬に対しては出来るだけ躾行為をしないようにというのが私の考えです。

お座りや待て、おいでが出来るのは、逆に問題です。
「そんなことは教えないで下さいね」とお願いすることも多々あります。

小さいうちはいっぱいやんちゃしていっぱい走り回って、性格だけでなく肉体面でも大きな刺激を受けて成長しています。

走り回って滑って転んで・・・
そうしているうちに関節に360度負荷がかかり、筋肉を刺激し、消化吸収を促し、お腹がすいてまた大騒ぎするのが健全な子犬です。


関節の弱い親犬から不安要素を受け継いでしまった子犬が、「関節を痛めないように安静に過ごして下さい」と獣医さんから指導されることが増えているのは大変寂しい現状ですが、

私が望むのは、犬自身が痛みを感じていないようなら、出来るだけ安全な区域で地面を自由に動き回る時間を作ってあげて、関節を守り得る適度な筋力がついて日常生活に支障を来さない体にすることです。
(もちろん異常症状がある場合はその度合いによります)


生後10か月くらいまでの間はやんちゃでなければイケナイと言っても過言ではありません。

落ち着きなく動き回り、飼い主さんに触られることを挑戦的に捉え、逃げて喜んだり攻撃を仕掛けてきたり・・・
それで良いんです。


じっと撫でられることが出来なくても、それを問題視して特別に取り組む必要はあまりありません。
攻撃性の見分けをきちんと認識して頂き、攻撃性がある場合のみ、トレーナーさんに直接指導して頂くことをお勧めします。


こちらのブログで解説しているような信頼関係、主従関係、服従心などについて取り組むのは、生後少なくとも半年以上経ってからにして下さい。

子犬は信頼関係や主従関係をまだまだ理解できませんので、今は飼い主さんを『気になる存在』であったり『面白い友達』などと捉えていれば十分です。
例えばいつも飼い主さんの足や手に噛みついてくるとしても、それは噛みつくと楽しいので、気になって仕方ない存在だということです。
それで大丈夫です。

ハイハイと受け流していれば、吠えても噛んでも動じない凄いヤツ・・・、違う方法で大好きって伝えないと分かってくれないヤツ・・・と、少し根負けして態度を変えてきます。
(もちろん、出来るだけ噛ませないようにする方法も必要です)


3〜4歳の人間の子供が敬語を正しく使えなくても、社会は問題だとは捉えないですよね。
叱られて一発で言うことを聞かなくても、将来手が付けられなくなるかも・・・・なんて身構えていたら良い関係は築けません。

その子を信頼していなければ、信頼されません。

今のうちにたくさん手を焼かせてくれないと、、、「どんなあなたでも私は変わらず愛しているよ」とストレートに簡単に伝えるチャンスがなくなってしまいます。

使役犬でない限り、多くの場合飼い主の愛情は見返りを求めない、普遍的なものです。
もっと言うなら、人間は利他的(自己の損失を 顧みずに他者の利益を図るような行動のこと。理想的には、利益は適応度で計られる。)行動をする特質を持った生き物だからこそ、愛情を受け止めてくれる対象として犬を飼うのではないでしょうか。


まだまだ言い尽くせないこともありますので、
私がそこまで子犬の接し方に拘る理由を、次の記事でご説明します。

↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子犬の飼い方と躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月16日

子犬の甘噛みの対応について:でん君とたぬきママさまの例

昨年(2011年)5月にお悩み相談でアドバイスさせて頂いた、Mシュナウザー:でん君の経過とご報告を頂いたのでご紹介致します。

特に子犬期にありがちなケースでしたので、同じお悩みを抱える方のご参考になればと思います。

【お悩み相談】・・・『Mシュナの子犬の甘噛みなどについて』

【経過とご報告】
昨年、幼犬(M.シュナウザー 3ヶ月)の甘噛みなどについてご相談させていただいた者です。

その節は、ご丁寧なアドバイスを戴き、ありがとうございました。


ワンコ飼い初心者の私には分からない事がたくさんあって
でも本やネットで調べても
あちらで「良い」とされていることがこちらでは「良くない」となっていたり、
迷いが増すばかりで途方に暮れていた当時の私にとって
こちらでのアドバイスが、どれだけ心を軽くしてくれたか分かりません。


早いもので、あの時3ヶ月のおチビだった我が家の「でん」も
来月初旬には1歳を迎えます。

相変わらず元気で散歩大好きなやんちゃ坊主です。


甘噛みはほとんどなくなり、たまにおもちゃに夢中で思わず人の手まで噛みそうになると
自分でハッとして離します。

噛んで欲しくないものを噛もうとしても
「NO」で離せるようになって来ました。」「オスワリ」「マテ」「フセ」「ヨシ」なども、完全ではありませんがだいぶ出来るようになりました。


もともと人懐こい性格でしたが、今でも人も犬も大好きで
それどころか通りがかりの猫やカラスにまでシッポを振っています(^^;)

おかげで近所の方や登下校の小学生にもかわいがっていただき、子供の声がすると外へ出たがってキューキューするほどです。

たまに連れて行くドッグランでも、物怖じしない性格が幸いしているのかトラブルもなく
楽しそうにしている姿を見るのが、私たち家族にとってもとても幸せです。


あのとき、「しつけ」にこだわりすぎてでんを押さえつけることなく
ほどほどにゆるい形で育てて良いのだ、と教えていただいて
本当に良かったと思っています。
心から感謝しています。



たぬきママさま、嬉しいご報告ありがとうございます。

成犬になるとまた別の対応が必要になることがありますが、今のでん君との関係に自信を持って、先のことに構えすぎずにお過ごし下さいね。
何かありましたら是非また教えて下さい。


さて、このようにうまく行ったケースをご紹介出来るのは嬉しいことですが、どのワンちゃん・どのご家族にも同じ方法で同じ成果が出るワケではありません。

甘噛みの対応に限ったことではありませんが、特に甘噛みについては細かい状況を踏まえた上で個々に対処法を考えるべきです。
一概に「叱ってやめさせる」とか、「放っておく」という対処では片付けられません。

甘噛みはとても気にかけられやすい問題ですが、実は別の問題が複数隠れていることが多いので、甘噛みだけに対処するのではなく愛犬との関係全体に目を向けることた大切です。

今回のでん君のケースでは、ご家族の気質、考え方、接し方、環境、様々な要因が関係していますが、一番大きなポイントはたぬきママさまのリラックスと、前向きで大らかなお気持ちだったと思います。

たぬきママさまからの最初のご相談内容と似たような状況のご家族・ワンちゃんで、同じように甘噛みが直るのか不安を感じている方は是非ご参考にして頂きたいと思います。

↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子犬の飼い方と躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。