rss
title&discription

犬の飼い方/Q&A

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索

人気記事


    2014年12月31日

    たくましく心理的な満足を

    愛犬の幸せについての考え方は、飼い主さんそれぞれです。

    一般的に理想なのは、

    毎日、安全で美味しい食事、
    暑すぎず、寒すぎず、心地よい環境、
    安心出来る住まいで、
    外敵の心配もなく、
    たくさん運動して平和に楽しく・・・

    それらを信頼し疑いない生活

    お留守番をさせる時も、
    必ず帰ってくるという安心を与えるというニュアンスで、
    分離不安の対応を考える人も多くいます。

    つまり、安心を与えるという方向で愛犬の幸せを信じ、皆様頑張って取り組まれます。


    私は長年犬たちと暮らしてきて、
    その方向に疑問を持って、ずっと自問自答してきました。

    犬が求める幸せの究極は、安心なのか?
    その安心は生涯を通じて、心身の健康に繋がるのか?

    「大丈夫だよ」と・・安心を訴えてその場は収められたとしても、
    別の場で更に乱れるということが多かったからです。



    例えば犬が安心しているとき、
    それはきっと不安が解消され満足しているときですね。

    満足というのは、物理的に、条件的に満たされきった状態のことでもあります。

    物理的というのは、美味しい食事、安全なテリトリー、大好きな飼い主。
    条件的というのは、お腹が空いたときや決まった時間、そばに居る相手や、あるいは何かおねだり行為をうまく表現できたとき・・など。

    これらから得られる満足は、繰り返し得られ続けることで安心と幸せにつながるでしょう。


    そう考えると、
    犬を幸せにできる飼い主さんは限られてきます。
    毎日犬のために時間を費やすくらいの。
    犬に満足を与え続けることが人として自身の幸せだと断言できる方は、ふさわしい飼い主さんですね。


    私はそういった方へのアドバイスは何もありません。
    そんな飼い主さんがたくさんいたら、日本の犬たちも平和でしょう。

    ですが、人間社会でそうも言っていられない人も多いはずです。
    私もその一人ですので、
    犬が欲している、もうひとつの方向に向かって、満足を与え幸せにしてあげることに取り組んでいます。

    それは、犬に自信を与える・・という満足です。

    物理的でも条件的でもなく、心理的満足です。

    給餌の約束されない状況で、空腹に耐え食にありついたとき、
    初めての環境で取り乱さず乗り越えたとき、
    暑さ寒さで辛い状況でも心身機能をコントロールして過ごしているとき、

    犬はたくましく、自信を積み重ねていきます。
    それに導いてあげるのは飼い主さんです。
    可能性を教え、自信に気づかせ、悪い状態を指摘し修正する存在になることが、指導者や飼い主の努めです。

    そんな結びつきを、絆というのではないかなと思います。
    絆は、頼ってすがるものではありません。
    ただの繋がりです。
    でも、この上ない拠り所だと思います。


    ですから私は、お留守番の練習の際に、必ず帰ってくるからね〜〜なんて、
    そんな条件で落ち着かせようとは微塵も考えていません。
    「不安に陥るなんて許さない、あなたは乗り越えられる!」という前提で取り組みます。


    2014年も、自然災害だけ振り返っても厳しい現実が繰り返されました。
    他者に助けを求められない状況、
    個々が強く向き合わなければいけない状況、
    平和ボケしていては、乗り越えられないと考えさせられました。

    犬は本来、たくましく強い心身を持っています。
    私たちが見習えるくらい。

    様々な不安もストレスも、急な事態にも、
    自分を信じて乗り越えられる力をつけてあげたいと切に思って、
    来年からはもっと、ストレス活用型の対応についても取り上げて行きたいと思います。

    それが犬の本来の姿だと思うので・・
    私たちが是非傍に居て欲しい思う、生き物としての犬の姿を、もっと大切にできたらいいなと思います。


    本年もご愛読ありがとうございました。
    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の飼い方/Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2014年12月04日

    犬の食物アレルギーに・・・【回転食】

    アレルギー性の皮膚炎を起こしている犬は、アレルギーの原因を突き止め、その成分を摂取しないように食事をとれば、
    アレルギーは起きない・・と、解説されることはよくあります。

    アレルゲンを避け、良好な状態を維持することが必要だと、
    あらゆるドッグフードの成分をチェックし適したものを買い求める飼い主さん、
    安全なものを見つけたら出来るだけ他のものは与えたくないと思うのも理解できます。

    残念なのは徹底したアレルゲンの除去にも関わらず、
    また別のアレルゲンに反応しアレルギー症状を起こしてしまう犬が多いことです。

    前はトウモロコシとビーフがダメだったのに、
    今はポテトとチキンもダメになったとか、
    肉類がダメだからサーモンライスを試してみたら、アスタキサンチンの成分もアレルゲンだったみたいだとか・・・

    アレルギーを起こさないものに拘ると、栄養のバランスが崩れるという状態にもなりかねません。

    私はアレルギーは治すべきものという考えなので、
    一生恐れて避けて生きるなんて納得できないと思っています。
    アレルギーを起こす犬は、皆一様に胃腸の働きや体質的な不調があります。
    胃腸の改善に取り組み消化吸収の良い適した栄養素を順次取り続ければ改善できるはず。


    そこまで根気よく取り組めない方は、
    アレルゲンを避けた食事を1〜2ヶ月与えたら、
    全く別のフード(アレルゲンを避けたもの)に替える・・という、【回転食】をおすすめします。

    回転食とは、アレルギー除去食療法に準じた予防療法のひとつで、
    同じ成分をとり続けることによって、新たな過剰反応(アレルギー反応)を生んでしまうことを避けるため、
    定期的に別の成分に切り替えることをいいます。

    免疫機能との関係など考えるともっと深い理由があるのですが、
    今回は簡潔に説明します。


    アレルギー症状を起こす犬は基本的に胃腸が弱い
    (アレルゲンだけ避けていれば良いという問題ではない)

    同じ食事をとり続けると栄養素や成分の偏りから、とり続けた成分に対し新たなアレルギー症状を起こしてしまう

    1ヶ月程度で食べきれる量の袋体のドッグフードにし、食べ終わったら別のフードに切り替える


    アレルギーにお悩みの方は、完治までいかなくても回避策として、
    回転食というものを少し意識してみてください。

    ドッグフードばかりに頼らず、
    毎日違うメニューの手作り食というのも良いですね。

    少々お腹を壊す日があっても、日々違う刺激があるのは健康面でも大切なことです。


    (アボ・ダーム シリーズから、リボルビングメニューというのも出ています。
     こういった対応もご参考にしてみてください。
     http://www.bi-petland.co.jp/product/18.html







    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の飼い方/Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2013年11月01日

    『同情するなら○○○をくれ!』?

    一時流行りましたね。。
    家なき子で。
    『同情するなら金をくれ!』

    情けは無用。
    そんことより物質的な対価を要求する節ですね。


    人は、特に日本人は情が厚く人の気持ちを察したり汲み取ったりすることが得意です。


    人間の子育てに於いては、
    子供が悩んだり困ったことがあればまず、共感してあげることが大切だと言われています。

    同情するのではなく、共感。

    同情と共感は似ているようできちんと区別して使い分ける必要があるそうですね。

    気持ちを察して配慮したり哀れんだりするのが、同情。
    相手とは違う立ち位置から、思いやったりいたわったり、気持ちを理解した上で物事を考えることです。


    そんな気持ちだったんだねと、理解してあげるのが共感。
    励ますでもなく、否定したり肯定したり意見を添えるでもなく、ただ、その気持ちをともに味わったり、受け止めてあげること。



    では、犬と接するとき、
    犬の気持ちがわからないとき、
    犬が困難な状況にいるとき、
    犬が大はしゃぎしているとき、

    犬の気持ちを汲み取って同情したり共感したりすると、どんな影響があるのでしょうか。


    犬は気持ちを理解してもらうことよりも、
    どうあるべきかを示してもらいたい動物です。


    痛みに苦しんでいる犬に、「痛いんだね、かわいそうに、頑張って、」と、同情して励ましてしまうと、
    犬にとっては自分の感覚に対し、痛みなどのダメージがあることが決定付けられてしまい、その状況・念から抜け出せなくなってしまいます。

    治ったはずの、痛くもない足をいつまでもかばって歩いてしまったり、
    発作のような嗚咽を起こしたり、
    弱点を抱えてしまうことによって弱さを隠そうと、威嚇行動がエスカレートしたり、

    困難な状況や興奮したテンションで決定付けられた感覚はなかなか抜けません。


    犬のためを思うなら、例えば苦痛を伴う状況にいる場合、
    「あなたは大丈夫、必ず回復する!」と強く良い結果を信じ、今の弱さを認めないような態度をとってあげるべきです。

    困惑していたら、
    「私みたいに堂々としていなさい、何も恐れることはない!あなたはもっとしっかりしてるはず!」と、
    あるべき姿をイメージしてあげるべきです。

    興奮した態度で甘えてきたら、
    「そんな騒がしいあなたには向き合えない、ちょっと落ち着きなさい」と諭したり。


    落ち着いて共に正しい気持ちで物事に臨んでいるときや、リラックスしているときこそ、共感して、
    そんなあなたが一番大好きなんだよと、大正解を決定付けてあげるべきです。

    本来あるべき心理や姿に正すようなイメージで、
    過剰に感情移入しないように接しなければいけません。



    さて、犬との接し方に於いては、表題の
    『同情するなら○○○をくれ!』

    の、○○○・・・には何が当てはまるでしょうか。


    正解は、
    上位、上の立場、あなたの支配権、・・・などなどです。

    犬の世界では、同情や共感といったフォローの仕方は優しさとは違い、強さを示せないような弱者のすることとみなされてしまいます。

    弱者を傍におくということは犬が自ら上位に立って家族をコントロールする必要に迫られることです。

    弱さを感じ取って家族を守ろうと、一見愛情表現のような行動をとる犬もいます。
    しかし、以後はその犬がさらなる責任を負い、家族を守らなければというプレッシャーを抱えることになります。


    同情するなら上位をくれって、そこまでストレートな要求ではないのですが、
    その対価は、求めるというよりは、本能的に感じ取って強いられてしまうものです。


    犬を飼い始めるとき、
    特に小さな子犬や、保護した犬や、行き場のない犬の里親になるとき、問題行動の躾に取り組むときなど、
    少しでも慈悲の心、か弱さを汲み取る心があると、飼い主が犬に安心を与えられる存在ではなくなってしまう可能性があります。

    今後、犬の躾や、飼育放棄犬の救済活動が正しく広まっていくには、
    このような気持ちの面でのポイントを理解して取り組んでくださると一層活動が実を結ぶでしょう。

    救済活動に関わる場合は特に、犬の命を助けたなら、心身も救ってあげなければ。

    同情や共感によって弱さを認めてしまわず、理想を掲げ、本来のあなたはそうじゃないよと、
    しっかり伝えて正しい精神状態へと導いてあげると、比較的スムーズに正しい行動をとれるようになります。
    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 03:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の飼い方/Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2012年08月18日

    安定した飼い主モードを掴む

    前回の記事で、飼い主さんが愛犬にとって安定した良い条件であることが大切だと述べましたが、それを突き詰めると非常に難しい問題になります。
    なので私はブログではあまり触れずにきました。


    「今少し緊張していますよ、リラックスして下さい」と言われ、
    「ハイ」と言ってすぐリラックス出来る人はまずいません。

    “私は不安定だからしっかりしなきゃ”と思う程度で人は変われないです。

    安定より人はむしろ、感情の起伏が大きいほど豊かになる面もありますよね。
    ドキドキハラハラする映画を観たり、悲しい歴史を振り返ってそこから何か学んだり、オリンピックでの一喜一憂を美しいと捉えたり・・・
    これらは人間の内面的な成長や刺激として求めるものかもしれませんが、犬から見たら全てが不安定な行為です。

    犬から見た不安定な人間にならないようにと、人間としての探求や自然な感情を抑える必要はまったくありません。
    人間らしく色々経験するべきだと思います。
    ちなみに私は超涙もろい人間です。テレビのチャンネルを変えるついでにチラッと見たマラソンのゴールシーンでもうティッシュ箱が要ります;;

    ただ、飼っている犬に問題行動があり、主従関係や信頼関係に自信がない飼い主さんは、一度自分の本当の安定モードはどんな感じなのかをしっかり掴むよう、突き詰めてみることが大切です。
    その為には犬の心理を解説して飼い主さんの態度や接し方をきちんと指導してくれるトレーナーさんの力を借りることをお勧めします。


    私は遠方の方とのご相談で、内容からまず飼い主さんの安定が必要だと感じた場合、電話で相談をお受けすることがあります。
    顕著な例は、日ごろケージに入れるとずっと泣きっぱなしだったワンちゃんが、
    1週間悩みに悩んで私にお電話を下さったら、電話し始めて数分で犬が泣き止んでしまったということがよくあります。

    私は何も躾行為をしていなにのに、飼い主さんと電話しているだけで悲痛な泣き方をやめるのは、普通に考えたらちょっと不思議です。
    「今までワンちゃんがこんな風に黙ったことはありますか?」とお尋ねすると、「こんなことは初めて。すぐ目の前に私が居るのに・・・」と不思議そうな飼い主さん。。

    この現象は、誰か頼りにしている人と電話をすることによって飼い主さんが冷静になり、何とかなると不確かながらも安堵した状態で、犬に不安定な影響を与えていないので、犬も落ち着きを取り戻したと考えられます。

    「なんだ、こんなことだったの♪」と笑いが起きると、その後はもう飼い主さんが上手にご自身をコントロールしながら接して行けるようになります。
    (状況を理解していない他の家族が現れると途端にまた泣き出すという現象も残ることが多いです・・・)

    そんなバカな〜と思われるかもしれませんが(私も時々思いますが・・・)
    初めて依頼したトレーナーや訓練士が面会したら犬がお利口さんになってしまったというケースを体験された方は恐らくとっても多いと思います。


    犬は接しているその時、その相手や飼い主さんからぼんやりとそのモードを感じるのだと思います。
    犬は安定した人からはリラックスを、不安定な人からは興奮や緊張の影響受けます。

    そのモードにうまく切り替わることは、人間にとっては訓練というべきことかも知れません。
    ですが一度しっかりと愛犬と信頼関係を築けば、どんなモードでも愛犬と力を抜いて接することが出来るようになったり、
    どちらかが不安定な時はどちらかが支えるという関係が出来上がります。


    時々私は犬を直すのは簡単だと申し上げますが、飼い主さんと一緒に飼い主さんの元で犬を躾けることは、とっても根気と時間が必要なことで、確固たるモードを掴むまでは犬の躾はとても難しいです。

    ですが飼い主さんが自身を探求しながら、動物としての安定モードを掴んだかどうかは、誰よりも愛犬が評価してくれるので、とても面白い訓練でもあります。

    誰に習わなくても安定モードの切り替えが自然に出来る人もいますが、
    複雑な人間社会ですから、動物の感性が鈍くなって来ている今日この頃・・・是非森林浴や温泉巡りをするようなつもりで、飼い主としての安定モードでリフレッシュ出来る人が増えてくれたらいいなと思います。

    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 18:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犬の飼い方/Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    犬という動物・しくみを知って受け入れましょう

    私が犬の問題行動の改善でご相談を受けて、「しつけのことはよく分からないから全てお任せします。うちは吠えなくなればそれでいいです」と、トレーニングを一任されることもあるのですが、、
    その場合、犬の問題改善は割とスムーズに終わります。

    例えば5年間無駄吠えを続けてきた犬でも、たいていの場合私とマンツーマンでトレーニングして1か月あれば吠えなくなり、犬自身が吠えずにいられる自分に満足して落ち着いて過ごすまでに改善出来ます。

    「吠えなくなったわ〜」と飼い主さんもご満悦ですが、そこでトレーニングをやめて訪問出来なくなると、
    いとも簡単に・・問題がぶり返します。
    「トレーニング前に戻っちゃったわ」とのご連絡。

    そうなることは十分想定できますので毎回必ずご説明するのですが、実際体験されて初めて納得できることかも知れません。

    「やっぱり私たちも一緒に練習します」とお返事を頂けると、そこから私の仕事が始まる気がします。

    犬を直すのは簡単。
    犬は条件付けと、反射と、経験、習慣性の動物です。

    例えば問題行動がある場合、条件を見極めて、それをすり替える別の条件付けをして、こちらが望む良い経験を積ませ、悪い経験はさせず、習慣付ければ直ります。

    感情的ではなく理系の頭で考えた方がスムーズにトレーニングできます。
    私の頭は完全に文系ですが(-_-;) 犬と接するときは理系っぽく考えて、感情を安定させて接します。

    問題行動の原因や条件の特定にはさまざまな考え方がありますが、
    私にとっては悪い行動には必ず飼育環境や飼い主さんも条件として含まれています。

    犬と問題行動だけ見るのでは不十分で、その行動を起こしている状況まで条件に入れて、条件の中で問題を改善させる方法を考えていかなければいけません。

    かといって、飼い主さんの接し方が悪い、環境が悪いと責めるつもりはありません。
    だた、犬がなぜ問題を起こしているのかを一緒に考えて、理解して、一緒に改善して頂き、自分たちの望む犬の条件のひとつとしてとして成り代わって頂きたいと思うだけです。

    専門家に相談したり色々調べた結果、「犬が悪いのではなく、私たちが悪いんです」と過度に受け止めて、自分たちを責めて、反省から立ち直れない方もいらっしゃいますが、マイナス思考の飼い主さんという条件は、犬をさまざまな問題から解放出来なくしてしまいます。
    (飼い主を責めるだけの専門家は真に飼い犬の躾を理解しているのか疑問に思います。)

    飼い主さんは、主従関係を築けるかどうかという問題とは別で、感情面で安定しているかどうかがとても重要です。
    犬から見ると人も動物です。
    動物として安定していて、軸がしっかりあるかどうかが大切です。

    家族としてまず自分は犬にとって安定した良い条件になっているか・・・
    犬のしくみを知って受け入れると、飼い主さん自身も大きくかかわっていることがわかり、そして動物として安定出来る良い機会を得られると思います。

    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の飼い方/Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
    << 2014年12月 >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    最近の記事
    カテゴリ
    最近のコメント
    ファン
    Home
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。