rss
title&discription

犬のしつけ/トイレのしつけ

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2013年03月22日

失敗じゃないんです・・・

トイレを覚えない・・・
失敗ばかりする・・・

とご相談を頂くと、飼い主さんに対してまず犬のオシッコ・ウンチの役割についてのご説明から始めます。

本来犬は、排泄場所を一箇所に定めるということは本能的な行動に沿わないことです。
自分の身の安全を確保したり交流を広めるためには、行動エリアの要所要所に排泄して、自分のニオイによる意思をきちんと示す必要があるからです。

排泄には様々なメッセージを込めて、きちんと意味を持っておこなっています。

時々、犬は寝床の傍を汚したくないのでハウス内にトイレを設けるべきではないという教えもあります。
私の見解では、犬は汚れることを嫌っているのではなく、寝床より離れた位置にエリアの主張(つまり縄張りを設けること)をしたい状態だと捉えています。

そういった犬は広いエリアを支配して守らなければならないので、必然的に警戒心が強くなり、排泄した場所の全てで吠えて主張するようになります。


このような犬の自然の行動を知りつつも、私は愛犬たちに、普段はハウス内のトイレシーツの上で排泄するよう躾ています。

あなたが守るべきエリアはハウスの中だけだよ。
他にニオイを残すことは許さないよ。
家の敷地は、私が管理するエリアだよ。

という意味を込めて、愛犬たち1匹1匹に、各自が侵害されることのないエリアを与え、そこにニオイを残すことで安心を得るよう促しています。

家の中を汚されたくない・・・という人間側の都合で躾に取り組むと、つい余計な力がかかって正しく犬に伝わらない場合があります。

多くの場合、トイレの失敗が続く犬で、一度でもトイレの上で排泄をした経験のある犬は、覚えられない∞失敗する≠ニいうわけではなく、
トイレなんかで排泄したくないのです。

あちこちにニオイを残す目的で、意図的にトイレ以外の場所で排泄を繰り返している場合もあれば、
飼い主さんの『ここでして!』という強いプレッシャーを避けようとしている場合もあり・・・

飼い主さんの求めるトイレだからこそ、そこで排泄したくないのです。

こういう場合は愛犬と飼い主さんの関係を見直す必要があります。

まず飼い主さん自身が、犬のトイレに対するプレッシャーをなくし、それよりも家の中に強い意思を持って場所を主張することから始めます。

愛犬に権勢行動(警戒吠えや飼い主さんに対する抵抗・反抗)がある場合は、正しく上位に立つための方法を探すことから始めます。

「トイレはここでしょ」と逐一教えることは逆効果です。
マーキングを阻止出来なかった飼い主さんが、困った様子・取り乱した様子・怒った様子など、不安定な心理をあらわにすると、犬から見て力の弱い飼い主さんだと実感することになってしまいかねないからです。

正しく愛犬の心理を読み解いて適切な対処をするために、出来るだけ専門家に見てもらい指導を受けることをおすすめします。



↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 11:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犬のしつけ/トイレのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月05日

トイレの躾のし直し:Tプードル♂ 佐吉くんの実例

佐吉くん3.bmp佐吉くん2.bmp佐吉くん1.bmp  

前回のお悩み相談でアドバイスさせて頂いたのりださんから、佐吉くんに実践して頂いた経過をご報告頂きました。

以下、青字で転載させて頂きます。

 早速のアドバイス有難うございます<m(__)m>
家の状況を何処からか見ているの?と言うくらいどんぴしゃりです。

相談させていただいてから毎日こちらのブログを参考にさせて頂き、最初は一日、一晩中トイレのあるリビングに一緒に閉じこもり監視していたのですが(苦笑)それがイケない!!と思い、今まで通り自由に、排せつをしたそうなそぶりをしても知らん顔をするように心がけました。
そのうち、自分からトイレに入り出来るようになりました!!

まだ、一階(2世帯住宅です。そこにも一応トイレを置いてあります。そこでもはみ出すので困っていました。
そこでするとすぐに気が付かないので)しに行く事もありますが、本来の場所でする回数が増えてきました。
アドバイスを頂き、私が佐吉にストレスを与えているのだと反省致しました。(子育てにも当てはまりますね^^;)

指摘されてドキンとすることばかりでした。
長い目で見てあげる事が出来るよう、私も一緒に佐吉の良きパートナーとなれる様一緒に成長したいと思います。
私たち家族にとって、宝物の佐吉です。本当にありがとうございました。(涙)

又なにかありましたら、ご相談させてください。宜しくお願い致します。


ご家族にもご親戚のお子さんにもとても優しくて面倒見の良い佐吉くんのお写真、感動しました☆ありがとうございます。
(お子様が体調を崩されると、片時も傍を離れないそうです。)

思いの外トイレの躾の改善がスムーズに出来て本当に良かったです。

のりださんと佐吉君のようなお悩みは大変よくあることですか、こんなに早く改善出来たケースはまれです。
きっとのりださんの徹底した気持ちの切り替えが、佐吉君の緊張やストレスをうまく解放させることが出来たのでしょうね。

前回のアドバイスでは、佐吉君が排泄をしても一切無関心で頂くようにご説明しましたが、今の佐吉君は排泄に対して前向きな気持ちを持ち始めていますので、偶然でものりださんが佐吉君の排泄に立ち会った時に、「そう、上手だね、それでいいよ」という優しい気持ちで少し意識を向けてあげて下さい。

排泄とペットシーツと、のりださんの優しい意識を関連付けることが出来たら、徐々に排泄中に「ワンツー」などの声掛けを重ねて行きましょう。
様子を見ながら、佐吉君が少し嬉しそうに排泄出来、プレッシャーを感じていないようでしたら、排泄の直前にコマンドを出して従わせる練習へと進めて頂いても結構です。

これも出来るようになったら、トイレの場所からペットシーツを少しずらしてコマンドを出して、排泄出来るよう仕向けます。
徐々にペットシーツの場所をずらしても、コマンドとペットシーツがあれば安心して排泄出来るようになります。

焦らずのんびりと、佐吉君の様子を見ながら、出来そうであればお外や外出先などでも練習してみて下さいね。
のりださんの意識の持ち方が一番大切です。佐吉君はそれだけ感受性の強いワンちゃんだと思って下さい。

ご家族やご親戚皆様でお出かけの際に、佐吉君を連れて行っても排泄に困らないくらいになったら、きっと楽しみが更に増えますね。

佐吉君がお子様の相手をするという役割りに生き甲斐を感じながら、これからもリラックスして大好きなご家族と寄り添って行けることを願っています。


↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 03:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ/トイレのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月02日

排泄のマイナスイメージを改善させるトイレの躾方

トイレの躾が出来ているかどうかだけで、毎日一緒に暮らす飼い主さんの負担は大きく違います。

「トイレだけは絶対教え込みたい!!」と、必死に取り組んだことのある方も多いのでは・・・
しかし、実はトイレの躾はあまり熱意を剥き出しに頑張ってしまうと、長期的な目で見てうまく行く可能性は低くなってしまいます。

飼い主さんの熱意が犬にとってはプレッシャーになり過ぎたり、犬の心理的に倦厭(けんえん)するような感情だったりすることが多いからです。

飼い主さんが躾に頑張り過ぎるあまり、犬は排泄の度にストレスを感じるようになり、排泄自体にマイナスイメージを抱きます。
マイナスイメージを抱くとやがて、悪い条件としてトイレやハウス、飼い主さんのコマンドを認識して、それらを避けたり抵抗するような行動を見せたりします。

以前、「排泄に対するストレス・マイナスイメージ その1その2」でご説明したことがありますが、犬が一旦抱いてしまったマイナス
イメージや条件反射行動を改善するには、飼い主さんの意識・対処を変えて長期的に、段階を踏んで躾に取り組んで行くしかありません。

環境や接する人を変えれば短時間にトイレを教えることが出来る場合もありますが、もとの飼い主さんの環境に戻ればまた改善出来ないままの生活になるケースが多いです。

飼い主さんの意識を変えるとは、まずは犬の排泄自体に完璧なプラスイメージを持つことから始めます。
そして犬にトイレを教えようという気持ちを一旦ゼロにします。
どこで排泄しようが、どんな格好で、どんな状況で排泄しようが、決して嫌な気持ちになったり苛立ったりしてはいけません。
「出たね、よかったね。」と心で温かい気持ちとして感情を持ち、犬を撫でたり褒めるような言葉を掛けることもしません。

排泄に対し根深いストレスを抱えている犬にとっては、褒められることもプレッシャーになります。

まずは飼い主さんが排泄を深く意識しない程度に、プラスの感情を抱くのです。
排泄=ウレシ〜♪という条件反射を、飼い主さん自身が持つのです。

この対応をしている間、家中で排泄されては困るので、出来るだけ犬専用のハウスで過ごさせた方が良いです。
ハウスに苦手意識が強くある犬には、少し広めのスペースを作ってあげた方が良いかもしれません。
ハウスの中にトイレシーツを敷き詰め、ハウス内のどこで排泄をしても良いように、飼い主さん自身が出来るだけ嫌な気持ちになりにくい環境を作ります。

ハウスの中では犬が排泄物を踏み散らかしていても、慌てて近寄ってお掃除することは犬にプレッシャーを与える行為になります。

何気なくハウスに近寄って、まずは犬を呼び寄せて優しく声を掛け、リラックスさせたりプラスの感情を持たせてから、さっとハウスから犬を出して、別のクレートやキャリーに入れ、その後落ち着いてハウス内をお掃除します。

家中が排泄物の臭いで過ごしにくく、ハウスの周りにウンチが飛び散ることになりますが、しばらくは汚れても掃除しやすい環境を作り、日々淡々と、時間がかかるものだと思って対処して頂きたいです。

私も何度もこういった対処から躾し直しをしていますが、実際毎日対処するのは大変です。
特に私が妊娠中、つわりがひどかった時は、犬を逃がしてやろうかとさえ思いました(笑)
 *↑もちろん自分の犬です。。思いとどまって、今もちゃんと飼っています。
どうしても辛い時は犬のハウスに近付くことも出来ず、丸一日犬の居る部屋をぴったりと締めて、消臭剤(無臭のもの)を家中に置いたり噴霧して、自分の服にはラベンダーのアロマオイルを垂らしたりして、とにかく時間が過ぎるのを待ったという感じです。
ですが犬と接するときは別人のように優しい気持ちに切り替えました。

対処する側にとってはとても辛く過ごしにくい期間ですが、犬にとってはどんな効果があるかと申しますと、
排泄をしても誰もプレッシャーを与えず、何事も起こらない・・ということを日々少しずつ気付いていくことが出来ます。

排泄物を嫌がるワンちゃんは、排泄した時に一度でも飼い主さんに叱られたり、飼い主さんが困惑したり、何かしら犬に強いインパクトを与えてしまったはずです。

まずはその誤解を解消させるために、排泄物まみれになっても、常に飼い主さんに温かい気持ちで接してもらい、苦手意識を克服させることが大切です。

実際は犬一匹ずつ、症状も環境も、飼い主さんの都合も違いますので、一概に『このやり方★』というマニュアルはありませんが、基本的な考え方としてご理解頂きたいと思います。

犬に、排泄=嫌じゃない、何でもないこと・・・という認識から、更に良いイメージへと変えさせて行くには次の段階の対処が必要ですが、また後日説明したいと思います。

今後は参考になるような実例も一つずつご紹介していきたいと思います。

↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ/トイレのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月08日

排泄に対するストレス・マイナスイメージ その2

前回の続きになります。

我が家のワンコのうちの1匹、バセンジーもトイレの躾がとっても大変でした。

2才くらいで引き取ったワンコですが、それまでほとんどケージに閉じこもって生活していたせいか、排泄物をケージ内ですると食べてしまう癖を持っていました。

ケージを汚して叱られたからなのか、自分のスペースが汚れるのがイヤだったからなのか定かではありませんが、ケージや室内で排便してしまったときのみ、食べてしまうのです。

要するに食糞症の一種ですが、1ヶ月以上放置すると排便を食べることに抵抗がなくなり、お腹が空いている時は多少未消化のフードの成分が便に含まれているだけでためらい無くモグモグと自分の便を食してしまいます。

散歩へ行けば自分の排便には一切見向きもしません。
但し、排便の前にグルグルと高速回転しながら、まるで便を撒き散らすかのように排泄していました。

こういった落ち着きの無い便の仕方をする犬は、便が出ることに対して何らかのストレスがあるからです。
下痢や腹痛などもストレスのうちのひとつですが、コロコロの良好な便なのに落ち着きのない排便が習慣になっているなら、きっと排便に対する精神的なストレスを抱えているのでしょう。

我が家のワンコはとにかく排便する時、そっと見守って、便が出たら何気なく呼び寄せ意識を反らしてあげることを繰り返しました。

排便前のグルグル回るスタイルは未だに治りませんが、飼い始めて接し方に気をつけるようにしてからは1年くらいで、グルグルの回り方が随分ゆっくりになりました。
やがて排便が始まればじっとしていられるようになり、ようやくペットシーツでの躾を始めました。

今では広いスペースでも自分からペットシーツの上に収まるよう、じっと排泄できるようになりました。


さて我が家にはもう1匹、トイレの躾の最中のワンコ(アイリちゃん)がいます。
このワンコも4〜5才くらいで引き取り、恐らく狭い環境で排泄の自由や躾などされずに過ごしていたのだと思われます。

オシッコを舐め、ウンコを踏み散らかす癖がなかなか治りません。
飼い始めて半年ちょっとなので、これもまだまだ時間がかかります。

環境や飼い主さんの接し方によっては犬に根深いストレスを与えてしまい、それを改善させることはとても時間がかかります。
改善の秘訣は、イライラしないで気長に接すること・飼い主さんの都合(部屋が汚れた、忙しい時だった)などで感情的にならず、簡単な目標を立てて習慣付けていくことです。

具体的な改善方法はまた次回ご説明致します。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ/トイレのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月07日

排泄に対するストレス・マイナスイメージ その1

先日、トイレ内で排泄がなかなかできなかったワンちゃんが1年半越しにようやく失敗せずにできるようになったとご報告を頂きました。

「トイレの躾に1年半exclamation&question」と驚かれても仕方ありません。

通常、2才前後の成犬であればトイレの場所くらい1ヶ月程度で教えれるものです。
しかし排泄することに何らかのマイナスイメージやストレスを抱えているワンちゃんは、場合によっては1年以上時間をかけてイメージを変えていくしかないときもあります。

例えば排泄の失敗を厳しく叱ったり、狭いスペースに犬を閉じ込めたままで不衛生な環境を与え続けたりすると、犬は排泄に対し過度のストレスを感じるようになります。

飼い主さんにオシッコやウンチの失敗を叱られたワンちゃんは、飼い主さんの前で排泄できなくなったり隠れて排泄しようとすることがよくあります。

今回ご報告頂いたワンちゃんは、飼い主さんが怒っていない状況で、どんなにオシッコしたい時間でも、どうしても飼い主さんの見ている前では排泄できない習慣がついていました。
お散歩へ行けば何とか排泄してくれるのですが、あちこち場所を選んで飼い主さんをチラチラ見ながら、グルグル回りながら排泄し、まだ排泄の最中なのに腰を上げて逃げ出そうとするほど、強いストレスを感じていました。

当時の様子を見て、直ぐに叱られて躾けられたワンちゃんだと思いました。
飼い主さんが言うには、ペットシーツのパッケージに載っていた躾方を参考に、生後2ヶ月から付きっ切りで躾を頑張ったそうです。

そのパッケージには、
【トイレ以外の場所で排泄したら・・・排泄物に鼻を押し付け、「イケナイ!」と厳しく叱りましょう。】
【トイレできちんと排泄できたときにはしっかり褒めてあげましょう】
と、かわいいイラストで躾の説明が描かれていました。

これでは躾を間違うのも仕方無いですね。
とにかくワンちゃんの排泄に対するイメージを変え、リラックスして排泄できるようになり、トイレで排泄すれば良いんだよということを教えるには1年半かけるしかありませんでした。

・トイレを準備していても他の場所で排泄してしまう
・排泄の時ソワソワして場所が定まらない(その結果トイレからはみ出してしまう)
・排泄している姿をなかなか飼い主に見せてくれない、いつの間にか排泄が済んでいる
・排泄物の上に物を覆いかぶせて隠すような仕草をする

などの行動が見られるワンちゃんは、トイレの躾の際に叱ったり、失敗したあとの処理の際にイライラしたりしたことが無いか思い返して見てください。

排泄は生理現象ですが、犬はマイナスのイメージを持ってしまうとなかなか払拭できず、どうしたら良いか毎日悩み続けてしまう生き物です。

改善するにはまず飼い主さんが焦らずイライラせず、排泄に対するイメージを良くすることから始めて頂きたいです。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ/トイレのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。