rss
title&discription

日記

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索

人気記事


    2014年11月25日

    プレゼントに飼う時の心構え

    私が犬のカウンセリングの仕事をしてようやく8年になるのですが、
    お子様に命の大切さ、責任感を学ばせたいから・・という動機で犬を飼われる方の対応をすることが時々あります。

    それは、夏休みや、クリスマス、お正月前後に多いです。
    何かイベントなどのきっかけにプレゼントとして犬を飼うということなのでしょう。
    タイミングがあれば飼いたいという方も、子供にとっても、そういった機会があるのは良いことですね。

    ですが、子供にとって、犬を飼うということは、
    命に対する責任や大切さを学ぶ・・・までの壮大なテーマにつながるのでしょうか。

    責任とか、命というのは、
    犬の生涯を共にしてもなかなか、、学んで得られることでもないです。


    犬をただ可愛いと思って、一緒に過ごすことに意義があるのですよ、と
    私が対応する際はそこに目標を持って頂くようにしています。

    動物の行動や本能を知って、その一部でも可愛いと思えるならば、
    『可愛い〜〜〜〜!!』と思った瞬間に、
    幸せホルモンが分泌されて心身にも良い効果があると思います。

    生き物を飼う責任についての勉強と考えるならば、
    (子供の年齢にもよりますが、親御さんの管理が必要な年齢であれば、)
    親のわからないこと、親が進まないことを、
    子供だけに経験させ学びなさいと言っても難しいのではと思います。

    習い事と違って、教育者がいない状態を
    責任感で頑張らせるのは、、
    純粋で繊細な成長期の子供には負担になってしまうのではないかなと、、心配です。


    今年の夏は私のWork Shopで少し親子と犬の触れ合いの取り組みもしました。

    夏休みの自由研究や、職場体験などもお申し出があって、
    私にとっても良い経験になったと思います。


    それを踏まえますと、、
    どうかどうか、犬のお世話は親御さんが中心に頑張るようにしてください。

    親が戸惑いながらも一生懸命に1匹の生命と向き合って、
    そして可愛がるところだけ、子供に体験させてあげれば良いです。

    子供は飽きっぽいですし、気が進まないこと・嫌なことにはあまり行動できません。

    ですが好奇心と感受性は大人より遥かに高いです。
    次第に興味を上手に引けるなら、
    子供が自然に懇願してくるでしょう。

    お世話がしたいと(笑)

    頼れる人がいるから、未知の部分にも取り組む意欲が出てくるんだと思います。


    これからクリスマス商戦。

    新しい家族として犬を迎え入れるなら、
    買ってあげる人が飼う責任をしっかり考えてくださいね。
    お世話は子供の仕事ではありません。

    それは保護犬の里親になる場合も一緒です。
    最初はどんな犬でも大変です。

    子供が動物に触れ合う機会を、身を削って作るんだという覚悟で。。
    きっと、相応の価値があることだと思います。
    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2014年11月17日

    人気犬種の大量遺棄問題について

    最近ニュースで頻繁に見かける、人気犬種の大量放置・遺棄問題。

    繁殖業が立ち行かなくなった末に手放した無責任な業者の仕業ではと捜査が進んでいるようですが、
    この問題については私は15年ほど前から深刻化するのではと懸念してきたことです。


    皆様は、ショップやブリーダーのもとで販売されている子犬たちを目にしたとき、
    様々な安心を求め、販売システムや保証についても気にかけたりしたことはありませんか。

    私も多くの取材を重ねるうち、
    『獣医師の健康診断済み』であったり、『○○カ月、○○年生命保障付き』であったり、
    最近では血統以外の面でも様々な安心を訴えるセールスが当たり前になってきています。

    では、その裏側を少し考えてみて下さい。

    健康診断でひっかかった子犬は?
    生命の保障をするには負担が大きくなりそうな子犬は?

    そんな子犬たちはどうなるのでしょう。
    そんな子犬を排出してきた繁殖犬、繁殖元は、どんな対応を受けるのでしょう。

    その実態を一つ一つ確認したことはありませんが、
    信頼を武器に商売を展開しようとする販売業者が、
    厳しいチェック項目をクリアできない商品(子犬)を弾き返し、
    そんな取引先(繁殖業者)を次々切り捨てていることは確かです。

    そういった厳しい対応こそが、繁殖の質を上げるのだと信じている販売業者もいます。

    しかし、それはあまりにも短絡的な考え方にすぎません。
    繁殖の質を上げるということは、
    ここでは説明しきれないほどの多くの課題と問題があります。

    熱心な販売店から、一度でも先天性の病気を発症した子犬を出した(産んだ)親犬は二度と繁殖に使わないでくれと要望が来ると、
    繁殖業者の元には利益を生まない個体が残るわけです。

    それが何匹にも増えてくると、
    また、買い取ってもらえなかった“商品価値の不完全”な個体が増えてくると、
    ・・・・・

    考えたら恐ろしいですね。


    私にとって、
    子犬を売るということ、
    子犬を買うということ、
    どちらの立場でも不安があるのは、生き物の売買ですから、
    100%の安心なんてあり得ないと思います。

    機械でさえ、例えば新車でもそんな保証は出来ないはず。

    完璧な価値を追求するよりも、
    考えうる病気や、今わかっている症状や、それらが起きる原因や、
    そういったたくさんの事情や対応を、
    売る側も買う側も一緒に勉強することが大切で、

    それは同時に、繁殖させる側に対しても、
    その何倍も深く広い知識や適切な対応を促す努力が必要だと思います。

    中心になって動くべきは、
    販売する立場の者ではないでしょうか。

    悪徳繁殖業者が、悪徳で終わってしまうか否か、
    その終わらせ方も然り・・

    「おたくで買った子犬、今こんな困った症状が起きています」
    というのは、
    クレームではなく、情報として、
    適切に交換し検討され、対応していくことが出来なければ、
    心ある生き物を取り扱う業界なのですから・・・

    自己都合だけ押し付ける業界の風潮ではなかなか、
    犬たちの命や生活は尊重されません。


    売れるからと言って産めや増やせやとどんどん頭数が膨れ上がってしまった人気犬種の繁殖犬たち。
    不適切な交配や過度な出産、粗悪な環境から、
    “商品価値の完全な子犬”が産まれる確率は下がる一方です。

    つまり、不要になる個体は、増える一方です。

    この最悪なサイクルを断ち切るには、どこから手入れするべきでしょうか。

    利益を生まない繁殖犬をリタイヤさせ里親を探すこと、
    その対応によってあまり子犬が産まれなくなること、
    その現象によって犬の販売業が減少すること、

    私もこの業界で多くの方にお世話になってきたのですが、
    そんなサイクルが出来ることを暗に願って、その一端で書かせて頂きました。

    どんな策があるのか、今後も考え続けていく必要がありますね。






    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2014年04月19日

    しつけくんやプロングカラーについて

    ここ1週間くらい、犬の躾用首輪に関するお問い合わせがたくさん来ます。

    しつけくんというハーフチョークタイプのプロングカラーや、スパイク首輪に関して、
    虐待用の道具としての見方があり、その事例も実際あるようですね。


    私は、自分のクライアント様にスパイクやプロングカラーを取り入れて改善に臨んだことは今のところありません。

    が、
    既に他のトレーナーなどからプロングやスパイクを使っての訓練を受けていた方には、その使用について前向きにアドバイスさせていただいています。

    全て、犬の反応を見て、適切な効果が得られていないことが多いのも確か。
    専門的な判断が特に必要な道具だと思います。


    軽いショックを入れただけで悲鳴を上げ興奮が増してしまう犬には、ただの恐怖の条件になっているため、
    問題行動の矯正には妨げになってしまいます。

    正しい状況で使われないと、強い痛みと恐怖を与える道具でしかありません。

    その場合は使用を中止して頂き、別の方向から問題改善に取り組みます。



    プロングのショックを入れてもあまり反応がない犬は、最初のショックの効きが不十分であることが多いので、
    飼い主さんに代わって私から強めにショックを入れて従順さを引き出したりもします。



    私は、プロングカラーに賛成・反対を議論する前に、
    捨てられて処分される犬を、誰にでも飼える犬に矯正すること。
    手に負えないほどの問題犬を、飼育放棄される前に的確に矯正すること。

    その点に絞っていますので、
    虐待と言われようが真に愛情があるならどんな道具にでもチャレンジしたいと思っています。

    保健所で何日か放置されたあと、苦しんで死ぬことを思えば、
    また愛情を注いでもらえる犬に変える努力!ですよ。


    スパイクやプロングによって首に多数の穴が空いて怪我をしたという写真も、ご質問と共に何枚か送られてきました。
    それは、適切な使い方を無視し、悪意を持って過度に使用したことによる、虐待行為です。

    問題行動の矯正のために使うなら、犬の皮膚に穴を開けるような事態は起きません。

    また、スパイクが刺さるほどの刺激を入れても効かない犬には、スパイクカラーは使うべきではありません。
    効果がないなら別の方法をとります。
    それは犬や道具について見識のある人なら、スパイクによって怪我をさせなくても分かることです。
    (以前の記事で書いた、我が家のアイリには使用できませんでした。刺激に鈍感な子で、効果よりもケガをさせるだけに終わる可能性があったからです。)

    プロングカラーやスパイク首輪を適切に使い、
    本来は誰にも手に負えないほどの攻撃性のある大型犬を、
    誰にも迷惑をかけずにきちんと愛情を持って飼っている事例もあるんです。


    犬は、捕食動物です。
    人を殺すことだってあります。

    犬同士、何かあれば首元にガブッと噛み付いて意思を伝え合います。


    犬同士のやることをよく見れば、首元に適切な刺激が必要なケースがあることは、
    自然に理解できること。


    犬同士の触れ合いをよく見て下さい!
    犬を救うとか言いながら、綺麗事ばかり訴え、極端な悪事を取り上げて勝手に関連先を引き出し、
    潰し、

    本当に理解されるべき犬の行動習性、対処方、それに必要な道具、
    それらが全否定されることが私は悔しくてたまりませんヽ(`Д´)ノ


    私も40kgほどの大型犬の保護の手伝いもしています。
    ですが、私の子供が噛まれケガをしたら、
    この活動も辞めようと決意しています。


    今日が保管期限だった犬を助けた。
    でも、絶対に事故は起こしてはいけない。

    そして必ず誰かがまた愛情を持って家族にしてくれる犬にするんだって、必死ですよ。

    犬同士の絡みからヒントを得れば、犬がどのようにして相手の態度を従順に変えるのか、自ずとわかります。


    相手が向かってくるよりも少し上回るエネルギーで、瞬時に適切な刺激を必要とすることです。



    岡野製作所さんは、私も10年以上愛用している犬具メーカーさんです。

    この度のしつけくんの廃盤の措置、私はとても残念です。




    お寄せ頂いたご質問には順次返答をお送り致します。

    その際にお読み頂きたいこととして、この記事を書きました。

    一、使用経験者に過ぎませんが、こんな意見もあるのだと受け止めて頂けたら幸いです。
    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 18:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2013年09月08日

    犬に癒される前に。

    不安定な気候が続きますね。

    各地で自然災害に見舞われている様子をニュースでみながら、
    備え方を色々考えさせられることが増えました。


    昔はああだった、こうだった、とは言っていられなくなってきましたね。
    これからはこれからの、
    毎年新常識≠ノ更新していかなければ、対処できません。

    犬のこともそうですね。


    先日、動物の行動心理学について興味深い情報を得ることができました。


    動物というのは、生まれてからの成長の過程で、
    同種の接触、触れ合いを持たなければ正常に育つことが出来ないと。


    無機質な環境で育った子ザルは、その後異常な発達を遂げ、群れに馴染むことが出来なかったとか。
    健康にも寿命にも影響してしまうそうです。


    狼やサル、犬の群れに育てられた人間の研究についても似たような報告がされています。


    生後間もなく犬同士の触れ合いを絶たれ、
    情緒が満たされないまま人間の元に飼われてる子犬たちはどうなのでしょう。


    私は以前から、犬を知らないで育ってしまった犬の問題行動の改善に関わってきましたが、
    そう簡単にはいかないと裏付けを得られると、焦っても仕方ないと思い知らされます。


    同種の温もりは本来は不可欠。

    ですが、人間が犬の求める温もりを満たすべきなら、相応の対処を知って適切に接していく方法を、
    私自身もっと明確に掴み、示していきたいなと思う毎日です。


    幼少期に異種からの温もりだけを得ながら、本来の社会性や情緒の安定を図ることができるのか。

    例えば自分の体や飼い主さんの手足をしつこく舐めて没頭しようとする犬の行動が改善しないなど、
    本来は親や仲間と適度に交わされるコミュニケーションが、成長過程で誤作動を起こしているように見えてしまいます。


    やめさせるべきか、発散の対象を与えるべきか、別の切り口から改善を図るべきか、いつも悩まされます。
    不安定なワンちゃんに共通する大きな課題です。



    さて、ほどほどに成長を遂げた人間であれば、異種との触れ合いで心身の安定を図ることは可能だと、
    身を持って実感してます。

    私の持つ様々なチャージ術のひとつは、馬にくっついて温もりを得ること(#^.^#)
    「ママ、馬に甘えてる〜」と言われ、気付きました。


    温もりを得て癒しや安定を図るなら、私よりずっと大きいか、あるいは原始的で、懐が深く、どっしり落ち着いている対象を選びます。
    イルカなどのセラピーもきっと似たような効果があるのでしょうね。


    犬との関係作りに取り掛かるうえで、心が不安定なまま未熟な犬と触れ合ってはいけません。
    きっとこれから常識になるであろう、犬との関わり方、育て方です。

    不安定な人の温もりは、犬にも同様の不安定要素を与えてしまいます。
    ツライ時、落ち込んだ時、犬にくっついて癒しを求め自己回復を図るのは良くない方法です。


    人がまず人間らしくしっかり安定した上で、人間として、犬に通じるように、犬と接することが大切です。


    犬は癒しだとよく言われますが、
    癒しの捉え方もそれぞれだと思いますが、

    癒しを発揮できるワンちゃんに育ててあげることが第一ですね。




    *追記*
    私の、馬からの癒されショット、掲載してます(#^.^#)
    ジョアンのいっぽDiary

    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2013年01月16日

    犬種のブームと特性の変化

    最近、コーチングにお伺いしながら自分自身の知識や経験を見直さなければいけないなと感じることが増えました。


    犬種の特性についてのことですが、特に人気犬種は本来の特性を元に行動や心理を予測することが難しくなってきています。

    犬種のルーツから大きく離れ、独自の変化をし始めたような・・・・


    以前、ゴールデンレトリバーのブームの時もそうでした。

    可愛くてフレンドリーで頭が良いとの評判から、大ブームが起きました。


    実際は頭が良いというのは盲導犬などの介助犬のイメージが強かったのでしょう。


    ゴールデンレトリバーは頭が良いというか、訓練性が高く快活であるということ。

    根気よく訓練しなければ、飼う環境によってはただハイテンション・ハイパワーで扱い難い犬種とも言えます。

    (ゴールデン大好きな方、気を悪くされたら申し訳ありません。頭の良さを過度に期待して勘違いせず、適切な飼い方や訓練が不可欠だと言いたいだけです。。)


    ゴールデンレトリバーの大ブームから5年、6年と経過すると、股関節形成不全というマイナス因子を持った個体で溢れかえってしまいました。


    股関節形成不全は子犬の時期にはその要因を持っているか判断できず、生後7ヶ月後くらいまでは全く症状が出ません。
    子犬を販売するときは8割以上の個体にその因子があると考えた方が良いとさえ言われました。

    そのうえそれまで殆ど危惧していなかった攻撃性まで、見たり聞いたるする機会が急増しました。

    『ゴールデンでも噛む犬がいるんだ』と驚いたのもつかの間、
    またゴールデンですか・・・という状態に。



    大ブームというのは恐ろしいです。

    産ませば売れるから、繁殖が盛んになってしまい、遺伝的に増やすべきではない要因まで拡散してしまうから。


    濫繁殖 反対!!

    その発端となるようなマスコミなどの本質からかけ離れた情報拡散も問題ですね・・


    今私の最大の悩みは、トイプードルです。

    確かに可愛い。賢い。毛が抜けず飼いやすい。


    もともと狩猟犬だという性質を加味しても、それでもこんな行動はなかったよな・・・と
    新種を見るような気に苛まされます。


    実際に今私のご相談者様の7割がトイプードルです。


    人気犬種の躾でお悩みの方は、その犬種のルーツから改善策を探るだけでは情報不足かもしれません。


    問題行動の原因となっている精神状態を予測して、それに対する接し方やしつけ方もしっかり探すべきです。

    そして飼い主さんとしての気持ちの面でのスタンスをしっかり掴むことも大切です。


    今特に気になる兆候は、人気犬種(チワワ、トイプードル、ポメラニアン、柴犬、フレンチブルドッグ)などに見られる・・・

    ・過度の興奮、攻撃性や支配性を含む権勢行動
    ・過度の要求・無駄吠え・分離不安
    ・膝蓋骨脱臼、心臓や気管支、鼻涙管などの異常
    などです。


    特に上記の問題行動などに該当する方は、自分だけが躾がうまくできないとお悩みにならず、
    流行による濫繁殖が起きている今の世の中、この現象は仕方ないのだと、救済活動だと思って頑張りましょう。


    まだ犬を飼っていない方は、犬を飼ったら犬種の特性から予測する以上の時間や労力を犬のために費やすことが必要なのだとしっかり心構えを持って、そして目にとまったワンちゃんを飼ってあげれば良いです。


    選ぼうにも、なかなか選択の余地がないですし、、
    ペットショップに並ぶワンちゃんは皆、救済してあげなければいけないとも映ります。


    飼ってから奮闘することで、やがてかけがえのない縁だったのだと感じることもあります。


    今世界中には8000種以上の犬種がいますが、それは犬の特性が遺伝操作によって様々に変化させることが出来るからなのですね。


    改良なら良いのですが、悪くなるような変化ではいけないですね。


    これからの愛犬家が取り組まなければいけないのは、どうやって悪いブームを引き起こさないようにするか・・ということかもしれません。

    ビジネスはブームに乗って、何時でも何処でも勢いづいていてしまいますからね。
    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
    << 2014年12月 >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    最近の記事
    カテゴリ
    最近のコメント
    ファン
    Home
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。