rss
title&discription

愛犬との信頼関係について

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2014年01月31日

服従や信頼の誤解

服従というキーワードに触れるのは少し気合がいるのですが、今回は敢えて、ご質問が多かったので取り上げようと思います。

まず、愛犬を躾けるうえで必ずしも服従させなければいけないかというと、それは飼い主さんの考え方次第で良いのではと思います。

しかし、どうしても直したい問題行動がある場合、解決のためには主従関係を築く必要が強くあるようでしたら、是非取り組むべきでしょう。


そして前回取り上げた信頼関係について、
犬に信頼させるために服従姿勢を取らせるという方法は的確なのかというご質問が多くありました。


服従姿勢とは?とお尋ねすると多くの方が、マズルを自由自在にコントロールできるとか、仰向けにしてお腹をさらけ出したまま抵抗させないとか、
犬にとって致命的な部位を支配することを服従≠ニいうように解釈されている方が多いようです。


そのような服従の認識で・・・(仮説です)
信頼関係のつくり方について『服従姿勢の強要』が的確なのかどうかと意見を求められたら、
私はNO~~と答えます。

的確とは申し上げられません。

そもそも、服従姿勢の認識の段階から意義アリです。


犬同士の遊びや窮地に陥ったときの服従行動を実際に見ている人なら誰でも、仰向けの服従姿勢を強要することで信頼を得るという方法に疑問を感じるのではないかと思います。


小さい子犬のうちからお腹をさらけ出す練習を積んできた犬が、実際に飼い主さんにしっかり従い、他の犬とも正しいコミュニケーションがとれるのかどうかについても、他の要因の可能性も含まれますが犬として良い練習になるとは言えません。

お腹を曝け出す本当の意味や正しい習性を見失い兼ねない、単に飼い主の満足ポイントを習得する練習になり兼ねない・・・

そんな懸念から、私はお腹の曝け出し姿勢の強要には賛成出来ません。

*満足ポイントとは・・・お腹を見せると良い子だと安心してしまう飼い主さんの心の反応のこと



実際、本当の窮地に陥って急所を差し出すことは相当な恐怖と緊張を伴うことですし、
逆に言えばその姿勢には恐怖と緊張が伴っていないといけないのです。

降伏の最終表現を毎度毎度強要されると、その手段を失っていざという時に的確な降伏のサインが出せなくなることがあります。


また、簡単にお腹を見せるようになった犬は、甘えの意味が強い学習行動をとっていることが多いので、あまり服従心もないままに軽々しくお腹を曝け出してしまいます。

どちらにせよ、信頼を求めるには矛盾した心理状態にある格好なので、信頼関係作りには安易に強要しないようにしましょう。



↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬との信頼関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月28日

目標ではなく成果と考えるべし

愛犬との信頼関係に自信が持てない飼い主さんの多くは、
意外にも、、、犬に嫌われないこと、犬に好かれること、犬の嫌がること、喜ぶこと・・・などなど、
色々ご自身で勉強を重ね、意識的に取り組んでいらっしゃる方が多いです。

それだけ細かい読み取りを気にかけることが出来る・・とうことなのかもしれませんが、
犬はどうすれば飼い主さんを信頼してくれるのか、

深く悩み行き詰ってしまうケースがよくあります。


では、逆に、そこまで悩んでいる飼い主さんに、
愛犬のことをどこまで信頼していますか?とお尋ねすると、

「多分、リードが放れてしまったら呼んでも戻ってこないですね」

「危ないものを口にしてしまったら、いくら叱っても離さずに飲み込んでしまいます」

「一番世話をしているのは私なのに、娘がいる時は全くこちらに寄り付きません・・」


などなど、
心の底から信頼出来る状態ではないことが多いです。

信頼を得たいという思いが強い一方で、
愛犬を信頼出来ていないという、もどかしい関係。

信頼関係とはお互いが信頼し合うということですから、一方から強く押し付けてもなかなかうまく成り立ちません。


なので、まず愛犬を信頼出来るようになるまでは、こちらを信頼させようとは思わないで、
地道に取り組みましょう・・・とお伝えし、そこから徐々に心の距離を詰めていきます。

地道に・・・というのは要するに繰り返しの練習や、日頃の接し方を気をつけコツコツ取り組み続けることです。

例えば、
オイデ・・と呼び寄せる練習のコツをつかみ、家の中で何気ない時に何度も繰り返します。
「うちの敷地内なら呼び戻しは完璧!」となり、条件付きで愛犬を信頼出来るようになります。

あとは条件の範囲を広げ、最終的には条件に左右されずコマンドに従う状況を目標にします。
かなり地道な練習になりますが、苦労すれば達成したときの信頼度は確かなものになるでしょう。


しかし、地道な方法が全てではありません。

犬は信頼していないから言うことをきかないのではなく、仮に初めて会った相手でも敵意を感じない限り、
相応の態度を感じたらある程度従います。

また、根深い問題を抱えていない限り、
犬は本来、コマンドの徹底や服従訓練などに取り組まなくても、
割と早期に家族や相手を信頼出来るようになるものです。

単純に、危害を加えない相手であれば、また、餌と水さえ与えてくれれば大部分で信頼するものです。


もし気になるようなら、信頼を遠ざけるような行動や、挑戦を刺激するような行動が、飼い主の側から知らず知らずのうちに起きてしまっていないか振り返ってみると良いでしょう。

例えば、
犬にとっては不自然な態度や苦手な態度で指示を強要したり、
(・・・例えば面と向かってオイデ〜と騒々しく呼びかけるなど)

犬の悪い主張を見過ごしていたり、受け入れてしまったり、やめさせようとしながら中途半端で終わってしまったりという行動です。

曖昧な態度をとってしまうのは、犬に嫌われたくない・・、犬を追い詰めたくない・・、どこまで正すべきかわからない・・という理由が多いです。


信頼関係をつくる上で明確にしたいのは、

信頼されるということと、
好かれるということ、
嫌われるということ、
依存されるということ・・・の違いです。

大好きな相手というのは主張や要求を投げかけたい相手であり、信頼≠ニ完全一致のイコールではありません。

嫌いな相手とは遠ざけたい相手であり、挑戦を投げかけたい相手ではありません。
                         *挑戦というのは、言うことをきかないというのも含まれます。

依存されるということは信頼とは逆の、支配性を伴った要求を投げかけられていることです。


そして、犬は真に屈服して従順になれたとき、深い信頼を感じることができます。
*屈服というのは痛みや恐怖によるものではありません。愛情と根気のある的確な態応により心が変化することです。



信頼関係を大きな目標にすると何かとややこしくなってしまうので、
まずは愛犬の可能性を信じて目の前の課題に淡々と取り組む態度を示し続けることが大切です。

信頼とは結果的に得られるものですので、

もっとわかりやすい課題がたくさん転がっていることに気づき、日々取り組み続ければ、
いつの間にか愛犬との心の距離がぐっと縮まっていると感じられるようになるでしょう。



↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬との信頼関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月22日

信頼とご褒美の愛情を伝える方法

人間は手の感覚や運動能力が発達していて器用に使える動物なので、手が自由に使える人は、手で済ませられる要件は手を最大限利用します。

犬に対しても同様に、叱ったり褒めたり、信頼して欲しいなど感情や意図を伝える手段として、手を通して伝えようとします。

しかしあまりに手を使い過ぎると、犬同士のコミュニケーションに於いてはあり得ない感覚まで押し付けてしまうことさえあります。
犬にとって不自然で過剰なコミュニケーションは、不快感やストレスを与え、発散させたり反発して伝えようと問題行動として表れることがあります。

人から過剰な接触によるコミュニケーションを受け続けると、犬は触れられることによって不信感や警戒心を抱くようになります。

愛犬と信頼を築きたかったはずが、いつの間にかどんどん距離が出来てしまったと悩む飼い主さんも少なくありません。

例えば信頼を得たい時は、触れるよりもまずこちらの正しい態度を見せることから始めます。
愛犬を直視せず、触ろうと追い詰めたり捕まえたりもせず、無関心で居てあげることが一番です。

犬が知りたいのは、まずは“敵なのか、敵ではないのか”という二者択一です。

無関心な態度は敵意が無いことを伝え、徐々に犬の興味を引くことが出来ます。
興味や好奇心、甘えたいという感情を引き出すことが出来たらようやく触れることが出来ます。

触れることが出来るようになっても愛犬から抵抗や緊張・興奮を感じる場合は、急激で過度なコミュニケーションになっていないか見直すべきです。

例えば褒めてあげたいとき、「いい子ね、お利口ね」という感情を早くダイレクトに伝えたいあまり、多くの方は犬の頭や体を撫でようとします。
可愛いから、愛情を伝えたいから・・・という気持ちを、手を用いて撫でることによって表現しようとする人も沢山います。

親犬が子犬の悪い行動を正した時、あるいは教育熱心な犬が他の犬の悪い態度を正した時、「それでいいんだよ」と伝える際にはいちいちその犬に触れたりはしません。
“撫でる”というご褒美は人間特有のもので、犬のコミュニケーションには通常無い行為です。

犬同士の場合は、視線を逸らしてこれ以上干渉しないよと、穏やかにその場で伏せたりラックスの姿勢をとったり、その場を立ち去ったり、相手の緊張を解いてあげることが、“ご褒美”というか、“正解”を示すコミュニケーションです。
正しいことを知らされれば注意された犬もそれ以上の見返りを求めません。

犬が知りたいのは、家庭内や社会でどう立ち居振る舞って行けば良いかです。犬として自尊心を持つことを望んでいるのです。

その点を理解すると、愛犬とのコミュニケーションの取り方がいかにシンプルで無駄な力の要らないことかが見えてきます。

私が犬に躾をする最も大きな目的は、犬に愛情を伝えたいからです。
落ち着いて居て欲しいとか、コマンドを利かせたいという目的よりも、まずは愛情を伝える動機が欲しいからです。


私がいくら文章で表現しようと努めてもなかなかうまく表せないことの一つに、「褒める」という感情の持ち方があります。

飼い主さんと一緒に目の前で愛犬の行動を正し、理想の状態にたどり着いた瞬間、飼い主さんと一緒に心の底から『嬉しい!』『やった!』『そう伝えたかったの!』という、喜びと達成感を味わうことがありますが、その時必ず、
「今の感情を忘れないで下さいね、これが褒めるという感情です。」
とご説明します。

教えたかったことが出来た時、撫でたりオヤツを与えるのではなく、心の底から湧き起こる喜びと達成感を、愛犬と共有することが出来れば十分“褒める”というコミュニケーションが図れるからです。

この感覚を一度でも味わったことのある人は、徐々に感情の持ち方を明確に掴めるようになって来ます。

声に出さなくても、手を動かして愛犬に触れなくても、愛犬と10メートルも離れていても、確実にご褒美の愛情が愛犬に伝わることを実感できると、犬を飼って通じ合っているという楽しさを日々味わうことが出来るようになります。

褒めたい時だけでなく、日頃愛犬に愛情を持って触れようとしてもうまく触ることが出来なかったり、一緒に居ても愛犬が喜んでいるように見えないと感じる方は、コミュニケーションの方法をもう一度原点から見直してみると良いでしょう。

愛犬が求めていることは、飼い主さんが考えている方法と一致しているとは限りません。
触れるべき時もありますが、間違ったタイミングで体に触れようとしても愛情は伝わりません。

一度適切な距離を置いて、興奮や緊張を増長させない状況で愛情を伝えることからやり直してみましょう。
以前の記事、『正しい愛情の注ぎ方・ケージ編』でも具体的な方法を説明していますので参考にしてみて下さい。
(*『正しい愛情の注ぎ方・ケージ編』では、撫でて愛情を注ぐこと書いてありますが、褒める感情を持つだけでも十分コミュニケーションがとれます)

↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬との信頼関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年09月02日

愛犬との絆が深まる遊び方・運動 その2

前回の記事に続き、オヤツなど見返りを与えずに愛犬との絆を深めるような遊びや接し方について、
以前お預かりしていたアフロちゃんの実例をご紹介します。

アフロちゃんはトイプードル、1歳半、避妊手術済のメスです。
小さい頃からパピークラスや躾教室に通い、オヤツトレーニングを受けてきたそうです。

横に付いて歩く練習でもずっとオヤツを見せながら、他のワンちゃんを見かけて注意が逸れそうになるとオヤツをアフロちゃんの口元に押し付けるように食べさせ、とにかくオヤツで釣る練習を続けていたそうです。

アフロちゃんはオヤツがあればどんどん芸をこなす意欲がありますが、オヤツがなければコマンドに従う様子がありませんでした。
コマンドに従ったり良い子にしている時も、言葉で褒めるだけでは喜びを感じない状態でした。

トレーニングのし直しのため我が家でお預かりしてからはオヤツは一切与えず、とにかく私に懐き、従い、信頼するような接し方を続けました。
1週間ほどでアフロちゃんの信頼を得て愛情が伝わるようになったので、その後はコマンドを取り入れて、従う楽しさをしっかり教えようと努めました。

楽しさを教えるにはまず私がアフロちゃんと接する時、何かコマンドを出そうとしているとき、必ず楽しみながらプラス意識を持つよう心掛け、一方でこちらから不必要に撫でたり構い過ぎないようにしました。

下の動画はアフロちゃんとドッグランへ行き、アジリティの障害用の台に上って渡りきる練習のものです。

アフロちゃんにとっては初めてのトレーニングですし、高い所へ続く細い台はコワイものですが、
オヤツ目的ではなく「やりなさい」という態度で私が仕向けて、恐怖心を克服させ、更に私の指示に従うことは危険はなく、楽しいのだと経験させることが狙いです。

まず最初の動画では、初めての台の上り出しの前に向かわせ、リードを引きながら上るように仕向けます。
思ったよりも台が不安定でガタガタしたので、怖がらせないよう、台を私の足で押さえて固定しました。
怖がるような要素は予めなくし、犬が出来るだけ指示に従い易いよう、状況をよく見て練習を進めます。



犬が怖がって上ることが出来そうもなければ、最初はリードを軽く引き上げながら胴体を支えて、上りやすいように補助します。

上りきったら「よく上ったね、大丈夫でしょ」と褒めたり励ましたりします。
そして下りもゆっくり犬が自分から歩けるよう、リードを軽く引いて呼び寄せます。

上って下りるまで、あまり時間を掛け過ぎず、さらっと済ませることが大切です。
時間を掛け過ぎると緊張や恐怖心が強くなり、台の印象が悪いものとして残ってしまいます。


こんな感じで2回、3回と練習をして、4回目の動画です。



慣れてくると最初の上り出しの時に、アフロちゃんの顏の向きを台の方向へ修正させれば、自ら勢いをつけて上れるようになります。
リードは最初に台に踏み込む時や、途中で躊躇してしまった時に軽く誘導するようなショックを入れるくらいで、あとは殆ど引っ張らないようにします。

スムーズに行けばさらにテンションを上げて、小走りで台に向かい、犬が躊躇せず自分から台に上るように練習します。
台に向かって顔の向きを修正しながら、台に上るよう「アップ」とコマンドを入れながら練習します。



動画の最初に、アフロちゃんが台に向かって走りながら直前で躊躇して台を避けていますが、この時叱ってはいけません。
困難に克服できるタイミングを見計らっているだけなので、さらりと流してもう一度台に向かわせます。
やる気をみながら、数回チャレンジしてみても大丈夫です。

完全に克服するには犬が楽しいと思えるようなある程度のスピードやペースが必要です。
足を踏み外したりしないよう、また台の途中から飛び降りるようなことがないよう十分注意しながら、でも楽しんで取り組んで下さい。

これらの練習で、犬には恐怖心を克服する経験と、ハンドラーに従う気持ち、そして犬として運動を楽しむ気持ちを自覚させてあげることが出来ます。

一緒に体を動かすことが楽しく、出来そうもなかったことが出来るようになり、自信と絆が生まれます。

動画のように私はオヤツを見せて誘導したりコマンドを駆使して犬を動かすようなことは全くしていません。
こういった障害を乗り越えるような練習は、トレーニングしているような雰囲気ではなく、コマンドが全く利かない犬でも出来る運動・遊びのひとつです。

オヤツがあれば動きに機敏さは出ますが、ご家庭でワンちゃんとの絆を深めたいときの練習であればかえってオヤツが絆を生む弊害になりかねません。

オヤツ目的ではなく、やってみよう!と仕向けて従わせる感覚で取り組ませるようにして下さい。

↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 10:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛犬との信頼関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年09月01日

愛犬との絆が深まる遊び方・運動 その1

色々と躾やトレーニングを重ねてきたのに、愛犬との関係に深い絆が感じられなくなってしまった方、
普段愛犬と接する時間があまりなく、短時間で充実した遊びを求めている方、
叱ることが増えて躾を楽しめなくなってしまった方、
そんな方々には是非愛犬と何か一緒に取り組めるスポーツやアジリティのような、飼い主さんも一緒に体を動かすトレーニングをお勧めします。

よく犬と遊ぶ時はボールを取って来させるなど、愛犬だけを一方的に動かすことが多いのですが、
そういった遊びはついつい愛犬を理想通りに動かしたいあまり、オヤツなどで見返りを与えながらの遊びになり勝ちです。

見返りにばかり執着してしまったら、愛犬には飼い主さんの印象が薄れ、遊ぶ度に捕獲欲や食欲ばかりを刺激する時間になってしまいます。

気が付いたら愛犬の方からボールを咥えて持って来て、「ほら、ボーっとしてないで投げてよ、、そしてオヤツ出しなさいよ。」といった、
愛犬が主導権を握った関係が出来上がっていた・・・なんてことは多々あります。

遊んでいても愛犬との関係が正しくないのではと感じたら、早めに見直して問題を長引かせないことが大切です。


私がお勧めしたいのは、オヤツやおもちゃなどの見返りを必要としない、飼い主さんの意思と行動力を見せるような、共に連れ添って運動する時間を作って頂くことです。

愛犬と遊ぶというよりは、共に挑戦し、克服し、達成する喜びを求めるような時間が必要です。

飼い主さんも一緒に愛犬と同じ目線で運動することで、絆を深めたり自尊心を持たせたり、チャレンジ精神を目覚めさせるなど、大きな効果をもたらしてくれることがあります。

飼い主さんが頑張っている気持ち、やり遂げたいという気持ちは愛犬にも伝わります。
出来た時に一緒に喜びあえば、オヤツなどの見返りがいかに不要なものか、実感できるはずです。

例えば愛犬がお散歩中に苦手な側溝の網目の蓋などを、ジャンプで飛び越える練習をすることも楽しい遊びのひとつです。
苦手だったものを、飼い主さんの意思で、「飛ぶよ!」と仕向け、最初は引っ張り上げられるような感じでも、飼い主さんと一緒に飛び越えてジャンプのタイミングを教えます。

ジャンプを教える時はリードを一瞬で引き上げて体を浮かせます。
リードの力だけでなく、飼い主さんの動きで勢いを見せると愛犬にも伝わってタイミングが掴みやすくなります。

その他、階段を一緒に駆け上がったり、道路の縁石の上に登ったり飛び越えたり、一緒に体を動かせるポイントはたくさんあります。
飼い主さんでも出来ることは先に見本を見せてあげると犬もその気になりやすいです。

活発な動きが苦手な方は、思い切っていつもより遠くまで歩いてみたり、知らない道を探検してみたり、愛犬を植物採集に付き合わせるなどでも良いです。

毎日のお散歩コースにも愛犬との絆を深めるポイントがたくさんありますので、何気ないことでも活用しようという気持ちがあれば、愛犬とも自然に、一緒に楽しい気持ちを分かち合うことが出来ます。

コマンドや形ばかりに拘り過ぎず、『一緒にやろう!』という精神で、遊びのアイデアをたくさん出してみて下さい。
そして出来そうなことから是非チャレンジして下さい。

次の 『その2』では、オヤツに執着していたワンちゃんの関係改善トレーニングとしての遊びの一例をご紹介します。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬との信頼関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。