rss
title&discription

プレゼントに飼う時の心構え

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索

人気記事


    2014年11月25日

    プレゼントに飼う時の心構え

    私が犬のカウンセリングの仕事をしてようやく8年になるのですが、
    お子様に命の大切さ、責任感を学ばせたいから・・という動機で犬を飼われる方の対応をすることが時々あります。

    それは、夏休みや、クリスマス、お正月前後に多いです。
    何かイベントなどのきっかけにプレゼントとして犬を飼うということなのでしょう。
    タイミングがあれば飼いたいという方も、子供にとっても、そういった機会があるのは良いことですね。

    ですが、子供にとって、犬を飼うということは、
    命に対する責任や大切さを学ぶ・・・までの壮大なテーマにつながるのでしょうか。

    責任とか、命というのは、
    犬の生涯を共にしてもなかなか、、学んで得られることでもないです。


    犬をただ可愛いと思って、一緒に過ごすことに意義があるのですよ、と
    私が対応する際はそこに目標を持って頂くようにしています。

    動物の行動や本能を知って、その一部でも可愛いと思えるならば、
    『可愛い〜〜〜〜!!』と思った瞬間に、
    幸せホルモンが分泌されて心身にも良い効果があると思います。

    生き物を飼う責任についての勉強と考えるならば、
    (子供の年齢にもよりますが、親御さんの管理が必要な年齢であれば、)
    親のわからないこと、親が進まないことを、
    子供だけに経験させ学びなさいと言っても難しいのではと思います。

    習い事と違って、教育者がいない状態を
    責任感で頑張らせるのは、、
    純粋で繊細な成長期の子供には負担になってしまうのではないかなと、、心配です。


    今年の夏は私のWork Shopで少し親子と犬の触れ合いの取り組みもしました。

    夏休みの自由研究や、職場体験などもお申し出があって、
    私にとっても良い経験になったと思います。


    それを踏まえますと、、
    どうかどうか、犬のお世話は親御さんが中心に頑張るようにしてください。

    親が戸惑いながらも一生懸命に1匹の生命と向き合って、
    そして可愛がるところだけ、子供に体験させてあげれば良いです。

    子供は飽きっぽいですし、気が進まないこと・嫌なことにはあまり行動できません。

    ですが好奇心と感受性は大人より遥かに高いです。
    次第に興味を上手に引けるなら、
    子供が自然に懇願してくるでしょう。

    お世話がしたいと(笑)

    頼れる人がいるから、未知の部分にも取り組む意欲が出てくるんだと思います。


    これからクリスマス商戦。

    新しい家族として犬を迎え入れるなら、
    買ってあげる人が飼う責任をしっかり考えてくださいね。
    お世話は子供の仕事ではありません。

    それは保護犬の里親になる場合も一緒です。
    最初はどんな犬でも大変です。

    子供が動物に触れ合う機会を、身を削って作るんだという覚悟で。。
    きっと、相応の価値があることだと思います。
    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック
    個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
    << 2014年12月 >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    最近の記事
    カテゴリ
    最近のコメント
    ファン
    Home
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。