rss
title&discription

言うことをきかせるために

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索

人気記事


    2014年10月20日

    言うことをきかせるために

    犬はどんな時に人の言うことをきくのか・・・
    つまり、人の指示に従うのでしょうか。


    ・心を奪われるようなメリットが得られたとき(そう連想したとき)
    ・心が折れるようなデメリットが生じたとき(そう連想したとき)
      *デメリットとは、強い恐怖や身体的苦痛のこと
    ・心理的圧力に屈したとき
    ・従属的な行動をとる習慣が身についているとき


    私が思いつくのはこれくらいです。


    犬のしつけの多くは、メリットやデメリット、褒めや叱りを利用した条件提示により、
    犬の思考や行動を操るような方法です。

    おいでと呼んで、来たら褒める・・・
    これは教えやすいですね。

    しかし、おいでと呼んで来なかったら、、

    ロングリードを引いてショックを入れたり、更に怖い声で呼んだり、チェーンカラーを投げ当てたり、あの手この手でデメリットを経験させ、従わせるわけです。

    これは犬に合った方法をちゃんと見つけたら、繰り返し練習することできちんと教えられます。



    私は、そのような条件の提示による躾があまり得意ではありません。
    ですので基本的には別の方法として、
    心理的圧力や従属的な態度の方を選んで取り組んでいます。

    犬の群れ意識や社会性を利用すれば、本来は犬は従属的で言えばきく動物です。

    イケナイと言ったらすぐにやめますし、その都度降伏状態まで服従させる必要はありません。
    常に従属している満足を与えられているのか、その点にのみ努力します。

    おいでと呼んだら来るような繰り返しの練習を頑張ったことがないので、
    言えば来るものだという感覚です。

    その為には徹底的な信頼関係が必要です。

    保護した犬などある程度学習が済んでしまった犬への接し方には、信頼を築いてもまた一苦労しますが、
    基本はやはり、いかに信頼関係を強く築けるかです。

    信頼関係とは、一瞬で築けることもあれば半年以上かかることもあります。

    重要なのは正しい態度で傍に居続けること・・これだけです。

    共に過ごす時間は様々なものに反映されます。
    また、その時の態度も、見事に影響を与えます。


    言うことをきかない愛犬を、どうにか改善させたいと思ったら、
    時間を作り、適切な態度や行動をしっかり勉強してみましょう。

    犬に何かをさせるよりもまず、犬に対し、こちらの見せ方や感じさせ方から取り組むことです。
    何事も下積みは大切です。。









    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | コマンドと服従のトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック
    個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
    << 2014年12月 >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    最近の記事
    カテゴリ
    最近のコメント
    ファン
    Home
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。