rss
title&discription

しつけくんやプロングカラーについて

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2014年04月19日

しつけくんやプロングカラーについて

ここ1週間くらい、犬の躾用首輪に関するお問い合わせがたくさん来ます。

しつけくんというハーフチョークタイプのプロングカラーや、スパイク首輪に関して、
虐待用の道具としての見方があり、その事例も実際あるようですね。


私は、自分のクライアント様にスパイクやプロングカラーを取り入れて改善に臨んだことは今のところありません。

が、
既に他のトレーナーなどからプロングやスパイクを使っての訓練を受けていた方には、その使用について前向きにアドバイスさせていただいています。

全て、犬の反応を見て、適切な効果が得られていないことが多いのも確か。
専門的な判断が特に必要な道具だと思います。


軽いショックを入れただけで悲鳴を上げ興奮が増してしまう犬には、ただの恐怖の条件になっているため、
問題行動の矯正には妨げになってしまいます。

正しい状況で使われないと、強い痛みと恐怖を与える道具でしかありません。

その場合は使用を中止して頂き、別の方向から問題改善に取り組みます。



プロングのショックを入れてもあまり反応がない犬は、最初のショックの効きが不十分であることが多いので、
飼い主さんに代わって私から強めにショックを入れて従順さを引き出したりもします。



私は、プロングカラーに賛成・反対を議論する前に、
捨てられて処分される犬を、誰にでも飼える犬に矯正すること。
手に負えないほどの問題犬を、飼育放棄される前に的確に矯正すること。

その点に絞っていますので、
虐待と言われようが真に愛情があるならどんな道具にでもチャレンジしたいと思っています。

保健所で何日か放置されたあと、苦しんで死ぬことを思えば、
また愛情を注いでもらえる犬に変える努力!ですよ。


スパイクやプロングによって首に多数の穴が空いて怪我をしたという写真も、ご質問と共に何枚か送られてきました。
それは、適切な使い方を無視し、悪意を持って過度に使用したことによる、虐待行為です。

問題行動の矯正のために使うなら、犬の皮膚に穴を開けるような事態は起きません。

また、スパイクが刺さるほどの刺激を入れても効かない犬には、スパイクカラーは使うべきではありません。
効果がないなら別の方法をとります。
それは犬や道具について見識のある人なら、スパイクによって怪我をさせなくても分かることです。
(以前の記事で書いた、我が家のアイリには使用できませんでした。刺激に鈍感な子で、効果よりもケガをさせるだけに終わる可能性があったからです。)

プロングカラーやスパイク首輪を適切に使い、
本来は誰にも手に負えないほどの攻撃性のある大型犬を、
誰にも迷惑をかけずにきちんと愛情を持って飼っている事例もあるんです。


犬は、捕食動物です。
人を殺すことだってあります。

犬同士、何かあれば首元にガブッと噛み付いて意思を伝え合います。


犬同士のやることをよく見れば、首元に適切な刺激が必要なケースがあることは、
自然に理解できること。


犬同士の触れ合いをよく見て下さい!
犬を救うとか言いながら、綺麗事ばかり訴え、極端な悪事を取り上げて勝手に関連先を引き出し、
潰し、

本当に理解されるべき犬の行動習性、対処方、それに必要な道具、
それらが全否定されることが私は悔しくてたまりませんヽ(`Д´)ノ


私も40kgほどの大型犬の保護の手伝いもしています。
ですが、私の子供が噛まれケガをしたら、
この活動も辞めようと決意しています。


今日が保管期限だった犬を助けた。
でも、絶対に事故は起こしてはいけない。

そして必ず誰かがまた愛情を持って家族にしてくれる犬にするんだって、必死ですよ。

犬同士の絡みからヒントを得れば、犬がどのようにして相手の態度を従順に変えるのか、自ずとわかります。


相手が向かってくるよりも少し上回るエネルギーで、瞬時に適切な刺激を必要とすることです。



岡野製作所さんは、私も10年以上愛用している犬具メーカーさんです。

この度のしつけくんの廃盤の措置、私はとても残念です。




お寄せ頂いたご質問には順次返答をお送り致します。

その際にお読み頂きたいこととして、この記事を書きました。

一、使用経験者に過ぎませんが、こんな意見もあるのだと受け止めて頂けたら幸いです。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 18:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
本日、しつけくんを購入したネット販売業者からしつけくんの廃盤措置の経緯説明と出回っている虐待写真が添付されたメールを受け取り、非常に驚いてネット検索をした結果、こちらにたどり着きました。
我が家のワイマラナーも攻撃性があり、訓練士さんの指示にしたがってしつけくんを使用しています。
あのような故意に行われた虐待写真でしつけくんを糾弾するなんていくら愛護団体でもひどいと思います。
頭ごなしに虐待だと騒ぐ人たちの誤解を解くのは難しいと思いますが、しつけくんに救われた犬とその飼い主としてできることはしていきたいと考えています。

リンクフリーとなっているので我が家のブログでリンクさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
Posted by 用務員E at 2014年04月23日 13:46
用務員Eさま


コメントありがとうございます。
非難される方が多いのかと思ったら、経験者の方からのメッセージで大変心強く嬉しく思います。

しつけくんを使わなかったら、それこそ虐待行為紛いの暴力で犬を矯正する必要に迫られるかもしれないとさえ思っています。

犬の心理に的確に届く道具ですので、
犬の先進国と言われる欧米諸国でも広く愛用されているものです。

今後もなくなることはないと思いますが、正しい認識を広げて行きたいですね。

リンクの方も構いません。
よろしくお願い致します。
Posted by 管理人 at 2014年04月23日 22:12
はじめまして。
今更ですが、問題の写真を見ました。
ラブラドールでしょうか?首の真後ろに穴が開いてますね
正しく使っていれば、その位置にくるのはチェーン部がくると思うんですが
また、普通は首に当たる突起部分は丸く加工されていてあんな風になるはずはありませんよね
例の愛護団体は商品のせいにしてますが、問題は犬を虐待した人間
私はプロの訓練士ではないため偉そうなことは言えませんが、変な愛護によって救われる命が救われなくなったり、犬・飼い主ともに余計に苦しまないけないようになるのは本末転倒ですね・・・
Posted by T at 2014年05月22日 09:23
Tさま

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、穴の位置もあき方も不自然で、どのようにして開いたのか想像できません。

耳の付け根に刺激として瞬時に入れるだけの正しい使い方なら、このような傷にはなりませんね。

私の顧客様向けのブログでも意見を述べています。
今後のためにも、正しい理解が広まるよう働きかけていきましょうね。

http://dogccc.joan-info.com/blog-entry-127.html
Posted by 管理人 at 2014年05月25日 18:55
初めまして。
最近、スパイクカラーを店頭で見かけなくなったと思い、検索したら、酷いネガキャンが行われていると知り、驚いています。
私がスパイクカラーを愛用するようになってから11年経ちますが、怪しいネガキャンよりも、アニマルプラネット番組内でスパイクカラーを推奨していた米国の獣医師を信用していますから、安心して使い続けています。
推奨理由は他のどの首輪よりも、気管や頸椎を痛めずに済むから。
スパイクカラーは、頭から余裕もって被れるよう緩めにして、トリーツを使いながら着脱に慣れさせますが、一度学習すると犬が喜んで自らスパイクカラーに首を突っ込んできます。
犬のリードは馬の手綱と同じで人間の指示を動物に伝えるコミュニケーションツールです。
手綱を引きっぱなしにしたら馬は混乱して暴れたり嫌がるでしょうし人も指示を伝えられなくて落馬するリスクが高まり危険です。
犬は落馬の心配はありませんが、指示が伝わらないのはお互いに不便。だから歩いている間ずっとリードは緩んだ状態です。
指示が伝わりやすく気管や頸椎を痛めないスパイクカラーは非常に良い犬具だと思います。
企業潰しのネガキャンでしょうか。実に残念です。
Posted by Duke.Jr at 2017年07月02日 02:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。