rss
title&discription

服従や信頼の誤解

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索

人気記事


    2014年01月31日

    服従や信頼の誤解

    服従というキーワードに触れるのは少し気合がいるのですが、今回は敢えて、ご質問が多かったので取り上げようと思います。

    まず、愛犬を躾けるうえで必ずしも服従させなければいけないかというと、それは飼い主さんの考え方次第で良いのではと思います。

    しかし、どうしても直したい問題行動がある場合、解決のためには主従関係を築く必要が強くあるようでしたら、是非取り組むべきでしょう。


    そして前回取り上げた信頼関係について、
    犬に信頼させるために服従姿勢を取らせるという方法は的確なのかというご質問が多くありました。


    服従姿勢とは?とお尋ねすると多くの方が、マズルを自由自在にコントロールできるとか、仰向けにしてお腹をさらけ出したまま抵抗させないとか、
    犬にとって致命的な部位を支配することを服従≠ニいうように解釈されている方が多いようです。


    そのような服従の認識で・・・(仮説です)
    信頼関係のつくり方について『服従姿勢の強要』が的確なのかどうかと意見を求められたら、
    私はNO~~と答えます。

    的確とは申し上げられません。

    そもそも、服従姿勢の認識の段階から意義アリです。


    犬同士の遊びや窮地に陥ったときの服従行動を実際に見ている人なら誰でも、仰向けの服従姿勢を強要することで信頼を得るという方法に疑問を感じるのではないかと思います。


    小さい子犬のうちからお腹をさらけ出す練習を積んできた犬が、実際に飼い主さんにしっかり従い、他の犬とも正しいコミュニケーションがとれるのかどうかについても、他の要因の可能性も含まれますが犬として良い練習になるとは言えません。

    お腹を曝け出す本当の意味や正しい習性を見失い兼ねない、単に飼い主の満足ポイントを習得する練習になり兼ねない・・・

    そんな懸念から、私はお腹の曝け出し姿勢の強要には賛成出来ません。

    *満足ポイントとは・・・お腹を見せると良い子だと安心してしまう飼い主さんの心の反応のこと



    実際、本当の窮地に陥って急所を差し出すことは相当な恐怖と緊張を伴うことですし、
    逆に言えばその姿勢には恐怖と緊張が伴っていないといけないのです。

    降伏の最終表現を毎度毎度強要されると、その手段を失っていざという時に的確な降伏のサインが出せなくなることがあります。


    また、簡単にお腹を見せるようになった犬は、甘えの意味が強い学習行動をとっていることが多いので、あまり服従心もないままに軽々しくお腹を曝け出してしまいます。

    どちらにせよ、信頼を求めるには矛盾した心理状態にある格好なので、信頼関係作りには安易に強要しないようにしましょう。



    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬との信頼関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック
    個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
    << 2014年12月 >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    最近の記事
    カテゴリ
    最近のコメント
    ファン
    Home
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。