rss
title&discription

食糞癖の改善練習

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2012年10月14日

食糞癖の改善練習

お待ち頂いた方々には大変遅くなって申し訳ございませんでした。
今日は食糞が既に常習化してしまったワンちゃんへの対処と練習の仕方についてです。


犬が食糞する理由は、健康保持のための自然な行動である場合もあるので、極端に衰弱している犬や子犬の場合はあまり焦って対処する必要はありません。
食事を消化吸収の良いものに変えたりストレスを見直すなどして自然に改善されるのを待ちましょう。

以前に書いた記事もありますのでご参考にしてください。

食糞症

こちらの記事で書いた、リードで制御しながらの練習について具体的にご説明します。

まず、食糞が常習化している犬は、ほとんどの場合便を拾おうとすると食べる勢いに拍車がかかります。
捕られる前に食べてしまおうという行動です。
これは犬の所有欲を誇示している行動です。誰かに奪われそうになると捕獲欲まで刺激されます。

犬の目線から見ると、飼い主さんに捕られそうになったモノを完全に自分の口から体内に収め、完全勝利をアピールしています。
これは対象物が便ですのでつい特別な行動にみられがちなのですが、便だけでなく拾い食いや悪戯での執着と同類の問題行動です。

以前の記事『イタズラ噛みや執着心を持たせない方法』 その1その6
もご参考にして下さい。

犬が執着心を持った時の対象物への行動を変えさせるには、だいたい同じパターンの対処法で改善させることが出来ます。

「取り上げず、所有権を示し、尊重させる」というのが鉄則です。

犬は飼い主さんが取り上げようとした物ほど反応しますので、同様に便も「オイラのもんだよ〜ん」と食べていると解釈して下さ。
それに対し、「あなたの物じゃないの。私のモノなの」と教え、認めさせてコチラが所有するようなイメージです。

決して焦ったりムキになったり、スピードで勝負しようとは考えないでください。

具体的な練習は動画でご説明します。
お散歩で排便するワンちゃんは散歩中に練習しましょう。
お散歩で排便しないワンちゃんは排便のタイミングを見計らってリードを装着して練習してください。

まずは動画をご覧ください。



このように、便をしながら食べようとするワンちゃんは、便を食べられないように排便中から出来るだけリードを軽くチョンチョンと引きあげるようにショックを入れて、便を食べさせないようにします。

私はこの動画の中では3個目に出たウンチを食べられてしまいました。排便の状態と引きの強さ加減がうまく出来なかった私のミスです。
何回か繰り返しながらどんなタイミングでどれくらいのショックを入れるかが最初の段階でマスターしたい練習です。


ワンちゃんの便が全部出終わったら、出来るだけ便の傍でお座りをさせます。
食べようとするワンちゃんはその場で顔が下向きにならないように数回リードのショックを入れて、便を食べるのを諦めさせて下さい。
便から遠ざかって食べれないようにするのではなく、その場に居させ、食べれる距離なのに食べれないようにしてください。
また、終始リードを引き続けるのではなく、ショックを入れた後は必ず緩めて下さい。
力尽くで対処してはいけません。こちらが気張っていては犬の所有欲・捕獲欲は収まりどころがなくなってしまいますので、平然と対処してください。

完全に諦めたらお座りやフセ、軽いアイコンタクトなどをさせ、軽く言葉で褒めて下さい。


この状態で、わざと犬の目の前で糞を拾い上げて処理します。

ワンちゃんの物ではなく飼い主さんの所有物なのだと理解させます。
便がすぐ傍にあり、食べられる状態なのに食べることを許されないという状況でなければ理解させることが難しいです。

一番のポイントは、便を処理するときは焦らずゆっくり、平然と行うということです。


食糞の常習化した犬は1回や2回の練習だけでは自発的に便を食べずにいられるようにはなりませんが、
根気よく続けることで飼い主さんの絶対的な態度が伝わり、便を奪い合う気持ちがなくなっていきます。


本来は美味しくないものですので、コツコツ練習をしてしっかり改善させたいですね。

タグ:食糞
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
お忙しい中、
お返事いただき
ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまいすみません。

骨に関しての私の対応は間違っていたんですね!!

アドバイスいただいてから、骨を渡すのは 基本的に私や主人がワンコと遊んでいない時にしました。ワンコだけがケージやゲート内に居る時に骨を渡して、噛み噛みしている間は撫でたり触ったりしていません。

噛み噛みをしている時に撫でない方が良いのは、
骨だけなんでしょうか?
ぬいぐるみや紐やボール等の渡してしまっても『ちょうだい』ができてるオモチャ類も、噛んでる時は撫でたりしない方が良いのですか?
これは ゴハンの時もでしょうか?

うちに来てからのワンコはゴハンを残す子で、
ショップの方にアドバイスしていただき、手であげたり(ケージ内で)、遊びだしたら すぐさげたり、色々しましたが改善せずにいました。
ところが 去年、避妊手術を受ける際、病院に一泊し、帰宅してから 急に、すんなり完食するよーになりました。

手術の影響ではないと言われたので安心していましたし、ちゃんと食べてくれるので良かったと思っていましが、ある日何気なくゴハン中に私がケージ前に座ったところ、獣のようにガウガウ言い出し、ガウガウ言いながら 飲むかのように焦って食べました。
初めての事でビックリし、何度か試しましが、撫でるなどはもちろん 側で見てるだけでガウガウ。

ペットショップで相談し、以前こちらの記事で見てやっていた『ケージ前で、ゴハンを足の間に挟んであげる』のやり方を始めました。
ショップの方も『すぐに落ち着くと思います』と おっしゃったのですが、1年経った現在も 少しの改善しかみられません。

最初は、触ると嫌がる頃に実践していた時とは まるで別人(別犬?)のように体を強張らせてガウガウ言っていましたが、今は ほぼ大丈夫です。
が、たまに 少しガウガウ言う日もあります。

そろそろ いけるかな?とケージ内にゴハンを入れ側に座ったり撫でたりすると、大丈夫な日もありますが 少しガウガウ焦り気味になってしまいます。
なので、1年経った今も
こんな感じで練習を繰り返していますが、
間違いなのでしょうか?
お時間がある時に
またアドバイスいただけたらと思います。


食糞については
記事に載せていただいてから、すぐ練習を始めました。

まだ 全然できませんが、今までこちらでアドバイスをいただいて その通りに練習を繰り返して、出来なかった事はないので、
今回も根気よく練習するつもりです。


いつもながら長くなってしまい申し訳ありません。
Posted by 新米ママ at 2012年11月12日 23:20
新米ママさま

お返事が遅くなって申し訳ありません。
こちらの出来そうな時に、具体的な対象方を動画で撮ってご説明しますが、基本的には犬の執着物をとり上げるというのは完全服従を必要としますので、モノによっては難しい時があります。

例えば服従訓練をするとき、犬には執着心を持たせることもその行動をやめることもきちんと教えます。

飼い主さんとの関係作りに於いて、執着心を無くす練習を段階的に進めて行くということで、おもちゃやフードが大丈夫であればそのアイテムから練習を進めて下さい。

骨やガムなどは顎の力を使って犬の本能をより刺激するアイテムですので、執着を断ち切ることがかなり難しい、最高難度の練習になると思います。

まずはおもちゃなどを離させる練習を、いつも決まった言葉を使っておこなっていくことで、
その言葉を聞くと従順になって執着をやめるという条件反射行動を作り上げていくという練習になります。

ご家庭に於いてはどこまでこの練習をすべきか迷うところですね、

1歳を超えたワンちゃんであれば練習に進歩を感じない場合、専門のトレーナーさんの力を借りて正しい練習を積むことが一番の近道だと思います。

ブログの説明だけではフォローしきれない難しい段階に来ていますので、トレーナーさんについても前向きにお考えになることをお勧めします。

とりあえず執着物への対処について、出来る範囲てまた記事に取り上げさせて頂きますね。

徐々にでも良い関係になって来られているようですので、これからも理想の関係をきちんとイメージして、ご家族皆さまで取り組んで下さいね。

またお役に立てそうなことがありましたらご相談下さい。
Posted by 管理人 at 2012年11月21日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297337161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home