rss
title&discription

リードの引っ張り癖改善練習

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2010年03月10日

リードの引っ張り癖改善練習

前回ご説明した、『寄り添って歩くしつけ』が難しいほど引っ張り癖があり、おやつやおもちゃに対して執着心のない犬に対しては、飼い主さんの傍で歩く練習の前にリードを引っ張らないように教える方法をオススメします。

本来は飼い主さんの傍を喜んで歩けるよう、信頼関係を作ることから初めて頂くことが理想ですが、散歩へ行く人が特定されていない場合や小さなお子様・力の弱い方などが安心して散歩できるように躾ける方法として練習して頂くと良いかと思います。

使い慣れたリードと首輪で結構です。
あまり人通りや交通量の多くない時間帯に練習します。
他の犬のニオイが強く残っているあぜ道や草むらにはなるべく近付かないようにして練習します。

リードを着け、家から出る段階から練習を始めます。

まず、ワンちゃんがリードを強く引っ張ったらその場で停止します。
特に声を掛ける必要はありません。

ワンちゃんが引っ張るのを止め飼い主さんの顔を見たら、ゆっくり歩き出します。

ワンちゃんが行きなれた方向へ行こうとしてリードを引いて歩こうとしたら、またその場で停止します。

リードを引っ張るのを止めて飼い主さんの顔を見たら・・・ワンちゃんが行こうとした逆の方向へ歩き出します。

「なんだなんだ、今日はこっちかるんるん」と言わんばかりにまたワンちゃんが歩き出してリードを引っ張った瞬間、また停止してリードが緩むまで待ちます。

ワンちゃんがリードを引っ張る度にその場で停止し、ワンちゃんがこちらを見てリードを緩めたらまた歩き出すという要領です。
歩く方向はできるだけ飼い主さんの気まぐれで、ワンちゃんが行こうとした方向とは別の方向へ歩いて下さい。



こちらのワンコは引っ張り癖がかなり治っていますが、散歩に慣れていない頃は引っ張っては停止しての繰り返しで、家の周りから全く離れられない時期もありました。

とにかく前に進むことよりも、リードを引いても行きたい方向に行けないということを教え、飼い主さんがどこへ行こうとしているかワンちゃんが伺うようになるまで根気よく練習します。

排泄目的で散歩をしているワンちゃんは排泄が済むまで引っ張り方が強くなり勝ちですが、できるだけ家の周辺で排泄を済ませ、練習に集中しやすい状態を作るようにしましょう。

リードを引っ張って散歩することが癖になっていればワンちゃんの首に掛かる負担に鈍感になっていると思いますので、リードが緩んだら歩かせてもらえることに気付きにくいことがあります。
その場合は、リードを引いたら別の方向に引き返して向きを変えさせ、また引っ張ったらまた向きを変えるようにして、飼い主さんが何処へ行こうとしているか考えさせるように仕向けて下さい。

方向を変える時のリードの引き方は、動画のように、チョンと合図を送る感じで一回だけ引きます。
リードを手繰り寄せるようにギュ−ギューと引っ張らないようにしましょう。

ワンちゃんにとっては、リードの引っ張る負担が首にかかっていない時だけ歩けるという感覚です。
歩けること自体がご褒美ですが、リードが緩んでいるときは褒め言葉を掛けて頂いても結構です。

ワンちゃんがこちらの意図に気付くまで数日かかることもありますが、気付いた後は練習が楽になります。
根気よく続ければリードを緩めて歩き、飼い主さんの行こうとしている進路を気にするようになります。

飼い主さん主導でお散歩できるよう、頑張って下さいね。
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ
posted by 犬のしつけと飼い方 at 11:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 散歩・リードトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、当方もうすぐ6か月をむかえるボーダーコリーのオスを飼っております。
ひっぱりぐせが強く、興奮すると2足でジャンプしながら歩くほどです(^_^;)

現在8kg弱で、小ぶりなようですが、ゆくゆくすごく大きくなるかも知れないし、リーダーウォークを念頭において散歩していたのですが、なかなか思うようにいかず(多分私がうまく誘導できていないのだと思います)、覚悟して飼いはじめたのに少し焦りはじめて・・・

そんな時この記事を読ませて頂き、昨日1時間半ほど、実行してみた結果
2日目の今日には随分効果が出ていました!!驚きです!
昨日は、家の近所を不審者のごとく うろうろ、行っては戻って、戻っては行ってをひたすら繰り返しました。

するときょうは、出だしからスロースタートで、公園までたどり着くことができました。
我が家ルールで公園では走っても良いことにしているので、ひっぱられましたが、公園からでたらだいたいゆっくり歩いてくれるようになりました。

このやり方で、完全に引っ張らなくなったら、リーダーウォークに移行して行こうと思っております。

今回はお礼を言いたくてコメントさせて頂きました。
ありがとうございます。
今後も参考にさせて頂きたいので宜しくお願い致します。



Posted by ico at 2015年03月04日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。