rss
title&discription

現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索

人気記事


    2013年09月17日

    群れで行動する習性を活かす

    犬の先祖は何であったかは色々な説があります。

    ですが、群れで狩猟をする動物だったことは確かです。

    人の狩りに力を合わせるようになり、やがて家畜を守り外敵を追い払う役目も果たすようになり、
    様々に改良されていったのですね。

    群れで生活する習性があるからこそ、人との生活に利用されるようになたのです。

    縄張り意識や、群れの中での位置づけ、移動する際の習性など、群れの秩序は本能的に備わっているものでした。


    今では殆どの犬種が愛玩動物に成り代わってしまいましたが、先祖から引き継いだ習性は、子犬の頃から内面にきちんと眠っています。
    それをどう引き出すかによって、問題行動とされるか、躾の行き届いた犬とされるか、大きく変わってきます。

    特に子犬の場合、『躾』ではなく、習性の引き出し方次第・・と言っても過言ではありません。

    下に、群れで行動する子犬の習性をご紹介します。


    私と娘と、ご相談者様、母犬と子犬の、5頭による集団行動をしているときのものです。

    この5頭の集団は初めての組み合わせですが、一緒に歩くことで仲間意識が出来、群れ行動の擬似体験をしているところです。

    歩く目的は意識せず、ただ歩くだけです。
    子犬に対し、外はコワイ世界ではないとか、着いて来させて褒めてあげようとは、微塵も考えていません。

    集団について歩くという本能的な行動を引き出し、習性として定着させたいだけです。




    お手本にしたいのは、この母犬の行動ですね。
    子犬を気遣ったりする様子は一度も見せません。

    「そのうち気付くに決まってる」と言わんばかりの態度。親の背中を見て・・とはこういうことでしょうね。

    子犬には、独りになると不安になる本能が備わっていますし、好奇心も活発な時期です。
    恐怖心はあっても、好奇心による明るい興奮によって克服できます。

    人が主導になって、犬の本能を刺激してうまく働かせ、行動させることがまずは大事です。


    もし子犬が途中でついてくるのをやめてしまった場合も、子犬の元へ戻って励ましたり誘ったりは、最初は出来るだけしない方が良いです。

    座り込めば迎えに来る集団であれば、子犬に主導者という重責な立場を押し付けることになりかねません。

    続きの動画で、子犬が座り込んでしまったときの対処をご覧いただけます。

    大丈夫??と戻って気遣うのは人間の優しさですが、犬に対しては別の意味で伝わってしまうので、注意が必要な場面です。

    引き返しかけた相談者様が、オイデと誘いたいようですが、子犬は動こうとしません。
    子犬は、座り込んだ状況から、そうしていれば相手が来るのかを観察しているのです。

    私が相談者様を前方に歩くよう促すと、すぐに子犬も付いて歩き出しました。
    何を学ばせたいか、重要なポイントです。





    気遣うのではなく、別方向へ流れを作って促すようなイメージです。

    途中、私が子犬を軽く蹴飛ばしてしまいましたが、この時も子犬の元に戻って気遣かうよりは、こちらの元へ呼び寄せて意識を変えさせるようにしています。

    ビックリしたりイヤな経験を一時的に体感しても、それを決定付けないよう、大げさに接してはいけません。

    このように、子犬には集団に対し行動を共にしようとする本能や、恐怖や嫌な出来事を克服する力もありますので、
    その力を信じて引き出すような行動をさせるようにしましょう。

    成犬に練習する場合はこのような方法は難しい場合が多いですが、本来の姿として念頭に置いて、
    どんな方法をとるべきか案を考えてみると良いと思います。








    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 散歩・リードトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2013年09月16日

    散歩のあり方 


    お散歩がうまく行かない理由のひとつは、人間側の感覚で散歩≠犬に伝えようとしてしまうから・・だと感じることが多いです。

    人間は忙しい合間に、犬の体調を気遣って、健康の為に・ストレス発散の為にとお散歩に連れていってあげようと考えますよね。
    でも本来はその考え事態、根本から変えた方が良いのですね。

    実際、私も忙しくって、犬のためにと思ってもしんどい時が多いです。
     

    気遣うべきは、飼い主さんご自身のこと。
    何故なら飼い犬が外を歩く本来の理由。それはズバリ!飼い主さんに付いて移動すること!です。


    極端ですが、それくらいの感覚で捉えた方がシンプルで間違いが少ないと思います。


    集団で歩くほど仲間意識や安心感が得られ、流れについて歩きやすくなります。
    長たる者がしっかりしていれば、初めて外を歩いた子犬も雑念に囚われず集団行動できるもんです。

    散歩に限らず、用事に付き添わせて振り回すくらいの方が良いですね。


    間違っても、オイデ〜なんて誘いながら歩くのは、犬っぽくなくて人間の考えることです。

    外の世界に慣らしていかなきゃとか、トレーニングなんて固い考えも、時には良い関係作りに於いてネックになることもあります。

    人間側の、犬を気遣うような考えで散歩を始めてしまうと、犬が散歩の捉え方を間違うケースもあります。
    飼い主さんを連れ歩くリーダーの役目を、犬に任せてしまわないように、
    歩く目的や主導者としての強さや安定を意識して、犬に安心や信頼を与えられるようなお散歩を目指しましょう。


    続きの記事で、実際に犬が人の流れに沿って歩く習性や、それを利用したお散歩デビューの仕方を、動画を交えてご説明します。

    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・リードトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2013年09月08日

    犬に癒される前に。

    不安定な気候が続きますね。

    各地で自然災害に見舞われている様子をニュースでみながら、
    備え方を色々考えさせられることが増えました。


    昔はああだった、こうだった、とは言っていられなくなってきましたね。
    これからはこれからの、
    毎年新常識≠ノ更新していかなければ、対処できません。

    犬のこともそうですね。


    先日、動物の行動心理学について興味深い情報を得ることができました。


    動物というのは、生まれてからの成長の過程で、
    同種の接触、触れ合いを持たなければ正常に育つことが出来ないと。


    無機質な環境で育った子ザルは、その後異常な発達を遂げ、群れに馴染むことが出来なかったとか。
    健康にも寿命にも影響してしまうそうです。


    狼やサル、犬の群れに育てられた人間の研究についても似たような報告がされています。


    生後間もなく犬同士の触れ合いを絶たれ、
    情緒が満たされないまま人間の元に飼われてる子犬たちはどうなのでしょう。


    私は以前から、犬を知らないで育ってしまった犬の問題行動の改善に関わってきましたが、
    そう簡単にはいかないと裏付けを得られると、焦っても仕方ないと思い知らされます。


    同種の温もりは本来は不可欠。

    ですが、人間が犬の求める温もりを満たすべきなら、相応の対処を知って適切に接していく方法を、
    私自身もっと明確に掴み、示していきたいなと思う毎日です。


    幼少期に異種からの温もりだけを得ながら、本来の社会性や情緒の安定を図ることができるのか。

    例えば自分の体や飼い主さんの手足をしつこく舐めて没頭しようとする犬の行動が改善しないなど、
    本来は親や仲間と適度に交わされるコミュニケーションが、成長過程で誤作動を起こしているように見えてしまいます。


    やめさせるべきか、発散の対象を与えるべきか、別の切り口から改善を図るべきか、いつも悩まされます。
    不安定なワンちゃんに共通する大きな課題です。



    さて、ほどほどに成長を遂げた人間であれば、異種との触れ合いで心身の安定を図ることは可能だと、
    身を持って実感してます。

    私の持つ様々なチャージ術のひとつは、馬にくっついて温もりを得ること(#^.^#)
    「ママ、馬に甘えてる〜」と言われ、気付きました。


    温もりを得て癒しや安定を図るなら、私よりずっと大きいか、あるいは原始的で、懐が深く、どっしり落ち着いている対象を選びます。
    イルカなどのセラピーもきっと似たような効果があるのでしょうね。


    犬との関係作りに取り掛かるうえで、心が不安定なまま未熟な犬と触れ合ってはいけません。
    きっとこれから常識になるであろう、犬との関わり方、育て方です。

    不安定な人の温もりは、犬にも同様の不安定要素を与えてしまいます。
    ツライ時、落ち込んだ時、犬にくっついて癒しを求め自己回復を図るのは良くない方法です。


    人がまず人間らしくしっかり安定した上で、人間として、犬に通じるように、犬と接することが大切です。


    犬は癒しだとよく言われますが、
    癒しの捉え方もそれぞれだと思いますが、

    癒しを発揮できるワンちゃんに育ててあげることが第一ですね。




    *追記*
    私の、馬からの癒されショット、掲載してます(#^.^#)
    ジョアンのいっぽDiary

    ↓ペットブログランキングに参加しております↓
    人気ブログランキングへ
    posted by 犬のしつけと飼い方 at 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
    << 2013年09月 >>
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          
    最近の記事
    カテゴリ
    最近のコメント
    ファン
    Home
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。