rss
title&discription

現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

接し方と飼い方でしつける!プロドッグコーチの実録と犬の基礎知識をご紹介します。
サイト内検索
2013年02月04日

犬のしつけと体罰について その1

体罰と教育の問題・・・
最近何かと考えさせられます。

そもそも、躾・教育に罰は必要なのでしょうか。


罰を当たり前のように受けながら育った人は、罰≠ニいう手段を使わずに物事を推し進める方法を知らないのかもしれません。

或いは思い通りに物事が進まないことを、受け入れる許容力がないのかもしれません。
(つまり感情が抑えられない)


躾・教育とは、鍛錬とは、叱ることとは、罰することとは・・・

生き物の命・生活・将来に対して責任を持つとは・・・
親・飼い主・管理者・責任者・・・


私も自分自身の幼少期から、飼い主になり親になり、色々考えさせられ行き詰まることだらけでしたが、
犬のしつけに取り組んで来たおかげで随分と謎が解け、そして自分自身の良いトレーニングになりました。


人間の教育は専門外なのでさておき、、


犬には主に2通りの方法で躾が出来ます。

私は基本的に体罰を避けたいと考えているので、通常使う方法は、罰ではなくイケナイ≠ニいう主導者の合図、意思表示を的確に使う方法です。
イケナイ≠ニいう主導者からの合図が届かない状況(過度の興奮状態や、何かに囚われている時)は、時として体に向けて刺激が必要です。
これは痛みや恐怖などの罰としての刺激ではなく、犬が囚われている神経を別方向に向けるためのきっかけ(刺激)をダイレクトに体に伝え、主導者のサインに気付かせ、犬の精神状態をコントロールするということです。


多くの場合、犬の精神を切り替えるための刺激≠ヘ、チョークカラーやリードなどの道具を利用します。

*犬に痛みを与える罰としてチョークカラーを使う方法もありますが、それとは別の方法です


犬は主導者には従う生き物ですので、その性質を利用した方法です。

犬同士は本来、罰を与えて教育しません。強さを示し、尊重を得ることで教育します。

重要なポイントは、まず飼い主が主導者であると認めさることです。

飼い主が主導者になるは、信頼・強さ・愛情が必要です。


飼い主を主導者と認めさせなくても、表面的に良い悪いだけを教える方法もあります。


苦痛や恐怖などの罰≠ニ、
それと差し替えに誇大なプラスアイテム(オヤツや執着物などの興奮=報酬)を与え
るという、両極端な接し方の繰り返しで躾を進める方法です。


要するにアメとムチ≠フ繰り返しの訓練です。


犬は条件とタイミングとその繰り返しの頻度で、条件付ができる動物だからです。
これは野生生物などに対する芸の仕込みと一緒です。


飼い主が主導者になる道筋か、
アメとムチの条件付か、
違いと手順をきちんと理解して躾に取り組みましょう。


肝心なのは、どちらにも中途半端なままに躾を進めないことです。


主導者になりきっていないのにイケナイイケナイと叱ることは、犬に矛盾を与えストレスをかけてしまいます。
完全に下位の立場からヨシヨシと犬を褒めても、何の意味も成し得ません。


また、罰や報酬のタイミングや使い方を誤ると、報酬目的の支配的な犬や、罰の恐怖に怯える犬に育ってしまいます。

道筋と手順、そのための的確な接し方が大切です。続きを読む
↓ペットブログランキングに参加しております↓
人気ブログランキングへ

執筆者:Kanako Jo IMG_3752.jpg
愛知県にて犬の躾方・接し方コーチングと、 Work Shop の運営をしています。
個別のメッセージなどはこちらまで → メールメールフォーム
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
ファン
リンク集
スポンサード リンク
過去ログ
QRコード
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ携帯サイト

当サイトは携帯からでもご覧いただけます。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。お気に入りの記事にリンクをどうぞ。
相互リンクについて
かんたん相互リンクを利用していますのでこちらからお願い致します。

かんたん相互リンク受付

SEO
loading
現場からの犬のしつけと飼い方ブログ

スポンサード リンク
Home
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。